永瀬正敏 兄弟演じたオダジョーらに感謝「弟ができたようなうれしさ」

拡大画像を見る

 俳優の永瀬正敏(54)が11日、都内で行われた、映画「名も無い日」の初日舞台あいさつに共演のオダギリジョー(45)、金子ノブアキ(40)とともに出席した。

 次男・章人(オダギリジョー)の突然の死をきっかけに、シャッターを切ることができなくなった長男のカメラマン・達也(永瀬)が、故郷の街で三男・隆史(金子)とともに、章人の死、過去、家族と向き合っていく姿を描いたヒューマンドラマ。

 メガホンを取った日比遊一監督の実話を元に描かれた今作に、永瀬は「監督自身かなりの覚悟があったと思う。実際に弟さんが亡くなったご自宅で撮影もしたので、そこから受け取ったものもたくさんあった気がします」と思いを巡らせた。

 続けて、兄弟を演じたオダギリと金子を横目に「おふたりは芝居を現場に持ってくる人ではなく、心を持ってくる人。僕は一人っ子ですけど、ほんとに弟ができたようなうれしさがあって、いろんな思いをいただきました」と2人に感謝。オダギリは「憧れの映画俳優である永瀬さんと芝居を交わせてうれしかったです」と声を弾ませた。金子も「ほんとにお兄ちゃんができたような感覚だったので、甘えちゃえ!と思って」と全幅の信頼を寄せていたという。

 最後に、永瀬は天を仰ぎ「この映画の最後には光がずっとあると思っています。天国の弟さんおめでとうございます」とメッセージを送り、イベントを締めくくった。

関連リンク

  • 6/11 21:56
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます