J・フィルポ獲得へ今冬に続きミランが興味…ウェストハムとの争奪戦か

拡大画像を見る

 バルセロナに所属するスペイン人DFジュニオル・フィルポに対して、ミランとウェストハムが獲得に乗り出す可能性があるようだ。10日付けでイタリアメディア『Football ITALIA』が伝えている。

 J・フィルポはベティス下部組織出身の24歳で、2019年にバルセロナへ加入。同クラブで過ごしたここ2シーズンで公式戦41試合に出場しているが、来シーズンへ向けチームを離れる可能性が高まっているという。

 その移籍先の筆頭候補に挙がってるのが、今冬にJ・フィルポの獲得交渉をしていたというミラン。DFテオ・エルナンデスのバックアッパー確保を目指す同クラブは、期限付き移籍を画策している可能性もあるという。しかし同メディアによると、バルセロナとしては完全移籍での放出を希望しているようだ。

 また、J・フィルポに対しては今シーズンのプレミアリーグを6位で終えたウェストハムも興味を抱いている模様。来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を獲得したミランが優位な位置とも伝えられているが、果たして今夏の“争奪戦”はどちらが制するのだろうか。

関連リンク

  • 6/11 19:14
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます