朝乃山に「キャバクラ“タカリ”&文春恫喝」記者が解雇!スポニチは相撲協会出禁へ!!

拡大画像を見る

 6月11日、スポーツ報知が大関・朝乃山(27)の先代師匠である錦島親方(元大関・朝潮)が協会を退職する意向で、朝乃山自身も引退届を出し、長期出場停止処分になる見込みであることを報じた。 

 ことの発端は、5月19日付の『週刊文春WEB』が、緊急事態宣言下に、懇意にしていた神楽坂のキャバクラに通うなど、日本相撲協会のコロナ感染対策のガイドラインに違反したと報じたこと。

 朝乃山は、協会側の聞き取りに対して内容の一部を認め、夏場所12日目の5月20日から休場し、今回の錦島親方(元大関・朝潮)の退職と本人の引退届ということになったわけだ。

「問題は相撲協会にとどまりません。朝乃山は数人の男性を伴って神楽坂のキャバクラや西麻布のガールズバーなどをハシゴしたといいますが、男の1人が、神楽坂のキャバクラの前で張り込んでいた『週刊文春』の車に気づき、車のドアをこじ開けて“おまえら週刊誌だろ! コッチは素人じゃねぇんだよ!”と恫喝したというのです。

『週刊文春』ではこのやりとりもしっかりと報じていますが、この男がスポーツニッポンの記者だったというから驚きですよね」(スポーツ紙記者)

『週刊文春』では、問題のA記者に直撃取材を敢行しているが、A記者は「ノーコメント」をつらぬいた。

■問題記者は解雇&スポニチも出禁!?

 5月27日付のスポーツニッポンには「週刊文春報道について」と題した記事が掲載され、「現在、週刊文春の大関・朝乃山についての一連の記事で弊社記者の関与が報じられています。この問題については調査を継続しています。社内調査はもちろんですが、中立性、公正性を担保するために第三者の弁護士にもお願いしています。また日本相撲協会からの照会にも対応が必要です。事実関係が明らかになった段階で公表します」と、紙面を割いて伝えている。

 前出のスポーツ紙記者が続ける。

「『週刊文春』ではA記者について、記者としては優秀で、相手の懐に入って情報を引き出すのが上手い。朝乃山にも食い込んでいると報じていますが、見方を変えれば、朝乃山にタカっていたといういい方もできる。朝乃山をキャバクラに誘ったのもこのA記者で、ネットにはA記者にも厳しい声が上がっています。

 この一件は大問題に発展していて、朝乃山の処分も間もなく出るようですが、A記者に対しても諭旨解雇(ゆしかいこ)という結論が出る方向で、調整が進められているといいます」

 諭旨解雇とは、社員に不祥事や非行があった際に、反省とともに退職を促す処分のことだ。

「A記者への処分はもちろんですが、さらにスポニチも相撲協会から出入り禁止処分になるとも聞こえてきています」(前同)

 記者の解雇、スポーツニッポン社の「出入り禁止」話と、相当な大事となった今回の騒動。朝乃山、そしてA記者は今、何を思うのだろうか――。

関連リンク

  • 6/11 15:57
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます