二宮和也の“初”結婚指輪にファン「絶望」!!アイドル引退、嵐再稼働もナシ!?

拡大画像を見る

 嵐の二宮和也(37)が、グループの活動停止後初めてとなる映画主演を務めることが6月11日に明らかになった。

 二宮が主演を務めるのは、2022年公開の『TANG タング』という映画。イギリスの作家・デボラ・インストールのベストセラー小説『ロボット・イン・ザ・ガーデン』をベースにした作品で、二宮はゲーム三昧で妻に捨てられたダメ男・春日井健を演じる。

「二宮にとって嵐の活動休止後、初の主演映画とあって6月10日放送の朝の情報番組でも取り上げられました。中でもファンの間では『めざましテレビ』(フジテレビ系)で流れた二宮のインタビューが注目されていましたね」(女性誌記者)

『めざましテレビ』での二宮のインタビューが注目されたのは、映画とは関係のない理由だった。

「二宮のインタビューは、朝4時55分頃の『めざましテレビ全部見せ』で触れられました。そこで、二宮が顔の前で手を重ねるシーンがあったのですが、左手の薬指に指輪がはめられていたんです。その後、『めざましテレビ』でも6時36分からインタビューが放送され、二宮が左手で鼻を触る仕草をしたときも薬指に指輪があるのが確認できましたね」(前同)

■「アイドル二宮和也どこいったん」の声も

 放送を見たファンからは「ニノの主演映画より薬指に指輪がある事がドキっとするな」「ニノの指輪に幻滅」「しっかり二宮さん指輪してて死にそう朝からやめてくれん? アイドル二宮和也どこいったん」「二宮くんの指輪に死ぬほど泣いてる相当引きずってる死にたい元担なのに」「ニノちゃんの薬指がぁぁぁぁ…… ジャニーズの人で指輪してるの初めてみたw」などの声がSNSら寄せられている。

「二宮は2019年11月に元フリーアナウンサーのAさん(​40)との結婚を発表したのですが、結婚指輪が、今回のように堂々とクローズアップされるのは、おそらく初めてです。

 2020年2月発売の『週刊女性』(主婦と生活社)の記事では、ファンの厳しい声もあってか二宮は新婚ムードをまったく出さないようにしているといい、テレビに映るところではもちろん、仕事に来るときにも結婚指輪をつけていないと伝えていました。

 しかし、今回の映画のインタビューではついに、つけてカメラの前に出た。クランクアップ直後のインタビューということで、指輪は劇中の小道具である可能性もありますが、反響は承知していたでしょう。実際、ファンたちは大いに嘆いているわけですから。

 二宮の中で、何か意識の変化があったということではないでしょうか」(前出の女性誌記者)

■嵐の再稼働は念頭にない!?

 4月25日に正式スタートした、二宮を中心としたYouTubeチャンネル『ジャにのちゃんねる』では、今までの二宮では考えられないようなイジり方もされている。

「5月13日公開された『#13 ここからは陰キャのターン…!!』で、TikTok動画を見た二宮が、“原宿の女子高生は(Tiktok動画のダンスを)みんなできます”とコメント。これにチャンネルに参加するSexyZoneの菊池風磨(26)が“オジクサっ!”と反応。その後も、二宮のダンスの練習姿を見たHey!Say!JUMPのの山田涼介(28)が“めちゃくちゃおじさんだわ”と話す場面もありました。

 二宮は今月で38歳。とはいえ、つい最近まで嵐として第一線でアイドルをしていました。それにもかかわらず、後輩たちは“おじさん”と言い切ってしまっていて、なおかつ言われた二宮も怒るわけでもなく笑っているだけ。おじさん扱いを受けいれているようなんです」(前出の女性誌記者)

 二宮の“おじさん化”がついに始まったと言えそうだが、嵐は7月23日に開幕する『NHK東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーター』に就任している。

 そしてNHKは5月19日に行った放送総局長の会見で、嵐のナビゲーターについて「これまでと同じ回答になりますが、現時点ではまだ決まっておりません。決まり次第お知らせしたいと思います」と曖昧な回答をしているのだ。

「まだ完全には、嵐として東京五輪で復活する可能性は消えたわけではないんです。ただ、大野智さん(40)は、いっさいの芸能活動を休止していて、先日『女性自身』(光文社)で報じられた新恋人との京都旅行報道の影響で、周囲との連絡をより取らなくなったとも報じられています。そんな彼が、今からわずか1か月後に、一時的とはいえ芸能活動を再開させているとは考えにくい。

 やはり、東京五輪での嵐の稼働は現実的ではなく、二宮さんもそう捉えているのかもしれませんね。今はアイドルは“引退状態”にある。そうした意識から、おじさん扱いを受け入れたり、結婚指輪をつけてインタビューに答えたりしているのかもしれません。そうでなければ、嵐のファンにショックを与えること必至の結婚指輪をつける、という行為はしませんよね……」(前同)

 今の二宮にとって、嵐の再始動はリアルな話ではないのかもしれない……。

関連リンク

  • 6/11 14:49
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます