立花孝志氏、涙で新型コロナ入院報告 「コロナは風邪」発言「かっこ悪いが気にしない」

拡大画像を見る

 古い政党から国民を守る党の立花孝志党首が11日、YouTubeチャンネルで、新型コロナウイルスのため入院することを公表した。

 立花氏は「NHKをぶっこわーすということで」と切り出した直後にせき込むなど、体調は良くない様子。

 「昨夜から告知していたが、熱がずっと38度台、おとといの夜はしっかり食べられたが、食欲が完全になくなって。結論からいうと入院させて頂くことになりました」と入院することを報告した。

 立花氏自身「コロナは風邪」などと言ってきたが、食欲がなくなってしまったことや、保健所からも入院を勧められたことを伝え「さすがにご飯を食べないと戦えない」と入院を決意したという。

 「コロナは風邪」発言での入院に「ご批判も沢山いただいている」とコメント。「ご批判を頂くのは構わない。コロナは風邪と言い続けているから入院しないという理由で、万が一の事がある人がいないように。かっこ悪いとは思います。でも気にしない」と、自身の言葉の影響で入院せず症状を悪化させる人がいないよう、入院するとも語った。

 また、娘、姉、別れた元妻からも心配の連絡が入ったという。姉と別れた妻は看護師、娘は薬剤師と医療関係者であることも明かし「ぼくのことを心配してくれているのが、そこがね…嬉しいなって」と涙をぬぐっていた。

関連リンク

  • 6/11 12:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • トリトン

    6/11 16:27

    自民党みたいに金かけて予防するには金無し団体だからね、選挙のときのおじいさん倒れてたのを知らぬ顔して選挙演説するからバチが当たったのかもな。

  • ソフィア

    6/11 16:20

    ざまあ

記事の無断転載を禁じます