EURO2020初戦の出場は微妙? アザール「まだ100%ではない」

拡大画像を見る

 ベルギー代表FWエデン・アザール(レアル・マドリード)が自身の状態について言及した。10日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 2019年夏にチェルシーからレアル・マドリードに加入以降、ケガを繰り返しているアザール。それでも、6日に行われたクロアチア代表との国際親善試合では82分から途中出場し、同代表としては2019年11月以来の出場を果たした。

 EURO2020開幕前の試合で久しぶりの出場をしたアザールだが、ベルギーメディア『RTBF』で、「トレーニングはまだ1週間しかしていない」と自身の状態はまだ万全ではないことを明かした。

「初戦で何ができるかは、メディカルチームと見ていかないといけない。そもそも、出場できるかは監督が決定することだ。だが、僕はまだ100パーセントではないので、何をできるかは見ていくしかない」

 また、EURO2020に向けては、「僕たちがレッド・デビルズ(ベルギー代表の愛称)のためにプレーするときは、常にプレッシャーがある。それは過去に僕たちが成し遂げてきたことのおかげで、人々は常に改善することを期待しているからね。3年前のワールドカップで素晴らしいことをしたのはわかっている。より良いものにするために集中している。このグループには多くの可能性がある」と意気込みを語った。

 ベルギー代表はEURO2020本大会で12日にロシア代表との初戦を迎え、17日にデンマーク代表と、21日にフィンランド代表と対戦する。

関連リンク

  • 6/11 11:01
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます