エリザベス女王、フィリップ王配の100回目の誕生日を記念したバラの苗木を受け取る

拡大画像を見る

今年4月に老衰のため99歳で逝去したエディンバラ公フィリップ王配は、生きていれば英時間10日に100歳の誕生日を迎えるはずだった。

この日に先駆けてエリザベス女王は先週、王立園芸協会から“エディンバラ公のバラ”と名付けられた新種のバラの苗木を贈られた。

この日の女王は、花柄の青いサマードレスに白いカーディガンを羽織った装いで登場。晴れた日のウィンザー城の庭でサングラスをかけ、片手には愛用品として知られるスカーフを持っている。

王立園芸協会の会長キース・ウィード氏は、女王に苗木を手渡し「このバラは、エディンバラ公の生誕100周年を記念して“エディンバラ公のバラ”と名付けられました。公爵が生涯にわたり行った素晴らしいことや、彼が行った多くのことを皆が思い出すための記念のバラです」と伝えた。

エディンバラ公のバラは、1879年から英国のバラを育種・栽培する「Harkness Roses」社が、王配の死後に育成した新種である。同社がオンライン販売し、それぞれのバラの売上金からは2.5ポンド(約390円)がフィリップ王配が設立した青少年のための英国エディンバラ公国際アワード「デューク・オブ・エディンバラ・アワード(DofE)」の「リビング・レガシー基金(Living Legacy Fund)」に寄付される。

ウィード氏はこのことについて、女王に「それぞれのバラには、より多くの子供達を助けるための『Living Legacy Fund』への寄付金も入っています。それ自体で美しい、八重咲のバラです」と説明した。

女王が「とても素敵ですね」と答えると、ウィード氏は「春が寒かったことから季節が少し遅れているので、そこまで素敵には見えないかもしれません。しかし実際には、この写真のようになるのですよ」と苗木に添えられたラベルの写真を指した。バラの花は濃いピンクに白ラインが入った美しい八重咲きだ。

すると女王は「あら、とてもご親切ですね」と返答した。ラベルには、開花したバラの写真と名前の上部に白いパナマ帽を被って微笑む王配の小さな写真が添えられている。

その後、バラの苗木はウィンザー城の庭師の棟梁フィリップ・カーター氏によって城内のイーストテラス・ガーデンに植樹され、女王がその様子を見守った。

王配は生前、庭園内の花壇の再構築や中央にブロンズ製の蓮の噴水を置くことを依頼するなど、庭園の設計に大きな役割を果たしたことで知られている。

画像は『The Royal Family 2021年6月10日付Instagram「Last week, The Queen was given a Duke of Edinburgh rose to mark what would have been The Duke’s 100th birthday.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連リンク

  • 6/11 9:03
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます