結婚式のために整形を勧める母…手術しないと決めた私の意思は伝わる?【親に整形させられた私が、母になる Vol.61】

拡大画像を見る

親に整形させられた私が、母になる
■前回までのあらすじ
結婚の挨拶に実家を訪れると、母は「こんなに素敵な人がこんなブスな娘を…」と卑下する発言を始める。しかし彼の口から出たのは「自分にとって世界一可愛い女性」という言葉だった…!
■「もう整形をやめたい」私の気持ちを母はわかってくれる?

親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる


親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる


親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる

母に自分の気持ちを説明しました。

これまでは母に言われたことは、「私のため」で、それを実行することはあたり前だと思って生きてきました。

でもこの頃の私は、「自分にとって何が必要で何が必要ではないのか」ということが、だんだんとわかってきた時期でした。

私にとっては、整形は必要ないと思ったのです。

→次回に続く

※この物語は私の経験を基に、一部フィクションもまざっております。

関連リンク

  • 6/11 6:00
  • ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます