内田理央「着てないかと思った」ピンク色ランジェリーショットの衝撃

拡大画像を見る

 6月8日に、内田理央(29)の写真集『PEACH GIRL』(主婦と生活社)公式インスタグラムアカウントが更新された。

 投稿された画像では、薄暗い室内でレースのカーテンを身体に巻き付けた内田が物憂げなまなざしでファインダーを見つめている。ピンク色の下着を身につけているが、ほとんど肌と同化。

 この写真が一瞬見ただけだと「ひょっとして……生まれたままの姿では……」と、心をざわつかせるショットになっている。

 ファンからは「着てないかと思った」「今までで一番彼女感がすごい」「超ドキドキします」「写真集届くのが楽しみすぎる」との声が多く寄せられている。

 下着姿の写真以外にも、内田がキャミソール一枚でラーメンをほおばる姿や、デート中に内田がベンチに座って恋人を待っているようなオフショットが投稿されており、6月23日の発売前から7000人以上のフォロワーが反響を寄せている。

■「だーりお」は事務所を背負えるか

 内田理央写真集『PEACH GIRL』は、女性誌の『ar』(主婦と生活社)編集部が制作している作品。もともと、グラビアアイドルとしての活動と女性ファッション誌『MORE』(集英社)の専属モデルを両立するなど、「男性支持」と「女性支持」を集めてきた内田理央だが、女優の仕事も目立っている。

「ドラマ『来世ではちゃんとします』(テレビ東京系)の主演ヒロインを務め、恋愛にだらしない役柄のリアルな女子を熱演。好評を博したため、今年の3月には2期の制作も決定しました。

 今期のドラマでは『レンアイ漫画家』(フジテレビ系)でも鈴木亮平(38)、吉岡里帆(28)、竜星涼(28)などと共演しており、引き続きドラマの仕事はどんどん入れていくでしょうね」(テレビ局関係者)

 5月19日には、同じ事務所の新垣結衣(32)が、星野源(40)との結婚と同時に、ファンに向けて“独立”を発表したことは記憶に新しい。新垣結衣という看板に頼りきれない事務所のエースになれるか? だーりおの今後の活躍に期待したい。

関連リンク

  • 6/11 6:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます