コロナで死亡し火葬されたはずの女性、自らの告別式翌日に自宅に現れる(印)

拡大画像を見る

インドのアーンドラ・プラデーシュ州​クリシュナに住むムティアラ・ギリジャンマさん(Muthyala Girijamma、75)は新型コロナウイルスの検査で陽性だったことから、5月12日にヴィジャヤワーダの公立総合病院に治療のために入院した。

『New York Post』によると、ムティアラさんの夫ガダヤさん(Gaddayya)は毎日必ず病院に見舞いに訪れ、妻が徐々に回復しつつあることを実感していたそうだ。しかし入院から3日後の15日、ムティアラさんの病室に行くと妻の姿はなく、病院側から「ムティアラさんが死亡した」と告げられてしまった。

ガダヤさんは遺体安置室から遺体袋に納められたムティアラさんを引き取り、病院から死亡診断書を受け取った後に自宅へ戻った。病院側に「遺体袋を開ける際には必ず防護服を着用するように」と言われていたことから、ガダヤさん家族は遺体袋を開けることなく、その日のうちにそのまま葬儀を行い火葬を済ませた。

その1週間後に、ガダヤさんは再び不幸に見舞われた。今度は息子のラメシュさん(Ramesh、36)が、新型コロナウイルスで5月23日に亡くなってしまったのだ。そして6月1日に、ラメシュさんとムティアラさんの合同告別式が行われた。

しかしその翌日、なんとムティアラさんが生きて自宅に突然現れた。ガダヤさんが驚いたのは言うまでもないが、自分が死んだと思われている状況を把握できていなかったムティアラさんは、ガダヤさんに対して「治療によって回復したにもかかわらず、病院に見舞いも迎えにもこなかった」と不満を述べていた。

ムティアラさんによると、亡くなったとされる日に別の病棟へ移っていたそうだ。そして回復した後に自宅へ戻ろうとしたが、誰も迎えに来なかったためにお金を借りてタクシーで帰宅したという。

『New Indian Express』によれば、病院側はムティアラさんが病棟を移動したことをガダヤさんに伝えることなく、なぜか「死亡した」と告げてしまったようだ。ムティアラさんは自分が入院している間に起こったことを知る由もなく、帰宅して初めて息子のラメシュさんが亡くなったことを知ったのだ。

またガダヤさんはメディアのインタビューに応じ、「遺体袋に入れられていたため身元を確認することができませんでした。しかし当局は、病院に対して行動を起こすべきです」と怒りを露わにしている。ちなみにムティアラさんだと思われて火葬されてしまった別の女性について、今月8日の時点で病院側は身元を特定できずにいるとのことだ。

画像は『New York Post 2021年6月8日付「Woman shows up to son’s funeral ― after she was declared dead」(Jam Press/Newslions)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連リンク

  • 6/11 5:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • いち(

    6/11 20:12

    恐るべしインド株!

記事の無断転載を禁じます