広田レオナ 激痛のため退院 術後の全身写真 元夫・吹越満が全身黒で見舞いに来た

拡大画像を見る

 2日に肺がんの手術を受けた女優の広田レオナ(58)が10日、インスタグラムに投稿。退院し、自宅のクローゼットの鏡に映った全身写真を投稿した。

 「病院にいると激痛に一睡も出来ずひとり絶望感で…何日も眠れないと精神が危ない方向にいきがちです 私は痛み止めが効かない体質のようです ドクターが家の方がいかもよと言ってくれたので退院してきました」と経緯を説明した。

 「私は脚から痩せるタイプなんです 大丈夫です!体重はそんなに減ってないし、お腹と二の腕はポヨポヨです」と記し、写真について「ただ、これ自宅の寝室からバスルームの間のクローゼットなんですがどうしても鏡で自分の姿が見えちゃうわけです…いやんなるのは顔…自分の顔……無表情なんです 痛過ぎると無表情になるんですね」とつづった。

 ほかに、病院に元夫の吹越満が黒ハットにサングラス、黒マスクなど黒づくめの服装で見舞いに来た際の写真も投稿し、「お見舞いに来た吹越さん 早く復帰して営業行くから心配するなと言ったら苦笑してました」とつづった。

 現在の夫についても「ほぼ会えないのに毎日2回も病院に来ていた現夫のヒロム…弱々しい私が面白いらしく笑ってましたね」と記して写真投稿。「退院後はすぐにバリバリ仕事復帰出来ると思ってましたが…道はちょっと遠い 皆んなの優しさと励ましがリハビリに力をくれます 感謝」とつづった。

 術前に行った癌封じの神社参道での写真もアップし「肺を取ったので息が苦しいのは当たり前だし痛いのも当たり前なんだけど…想定外でした でも頑張ります 年内に映画を撮る予定も変わっていませんし…明るい未来のために行くっきゃないですね fight!」としている。

関連リンク

  • 6/10 18:24
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます