下野紘、2年前の “まさかの行動” に膝を抱え赤面「なんて言ったらいいか…」

拡大画像を見る

新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は、「アニメLIVEチャンネル」において、2021年6月8日の夜10時から夜11時30分にわたり、『声優と夜あそび 火【下野紘×内田真礼】#8』を放送。さまざまな間違い探しであそぶ「脳を活性化!スタッフ手作り“間違い探し”」を実施したほか、火曜日恒例の「妄想!○○プロデューストーク!」「ダミヘヒーリング」などのコーナーを行った。



本放送では「脳を活性化!スタッフ手作り“間違い探し”」を実施。モヤモヤとした梅雨の時期に、下野と内田に脳をスッキリとさせてもらうべく、さまざまな間違い探しをする脳トレに挑戦してもらった。開始早々スタッフから「現場に来て何か変なことありませんでしたか?」という質問が。何か思い当たる様子の内田は「台本にあるキービジュアルの写真が、私と下野さんの顔が入れ替わってた!」「楽屋に下野さんの顔が貼られてた!」と答え、「ほんと怖かったんだから~」と急な仕掛けに驚いたことを話す。下野も、いきなりの“間違い探し”スタートに戸惑いつつ「衣装部屋になぜかブレザーが置いてあった」と答え、2人とも見事正解。違和感の真相がやっとわかった2人は、「あれそうゆうことだったんだ~」とホッとした顔を浮かべた。

さらに、下野と内田による過去3年分の“夜あそびしようぜ!”の掛け声を聞いて、2人が初めてMCに就任した2019年当時のボイスを当てるクイズも実施。ABCDEの5パターンの“夜あそびしようぜ!”が流れるなか、内田は「私の声が人見知りモードだった」と話し、Dと予想。一方の下野も、同じDをあげ、「若干慣れてない感があった」「(掛け声が)バラバラだったから、2019年の最初じゃないかな」と推理。結果はDということで、初々しい声を読み取った2人とも見事正解となるが、実際にその当時の映像を見ることに。

2人が初めてMCに就任した『声優と夜あそび 2nd season』の初回の映像が流れると、冒頭から気持ちよさそうに熱唱する下野の姿が。これには2人とも爆笑で、下野は「なんて言ったらいいかわからない!」と膝を抱えて恥ずかしがる。内田から「下野さんの歌イケイケじゃないですか?」「なんかトガリみを感じる」とイジられた下野は、「“下野さんの即興ソングから入ります~”って言われて歌ったんだよ」とあくまでスタッフから指示されてやったことを説明。その後も2人は「緊張してたな、あの時は」「真礼ちゃん、大人っぽさが違うね」「あれ私服だったよね」と振り返り、3年の変化を楽しんだ。


また、番組の後半には“もしも…”を想定してさまざまなものをプロデュースしていく、「妄想!○○プロデューストーク!」も実施。今回は「もしも下野紘がからあげ居酒屋をプロデュースするとしたら」というお題で、理想のからあげ居酒屋を妄想。「これは夢に描いたことがあります」と話す下野は、「味付けはしょうゆと塩の2種類で、トッピングをバリエーション豊富にしたい」「からあげはグラムや個数単位で注文できる!」「肉の部位によっても粉を変えたりとかね」と、早速からあげへのこだわりを語り出す。

さらに「店員は絶対メガネ!」「バイトの条件はメガネがかけられるかどうかだから」「メガネ割引もあります」と、メガネフェチな部分をあらわにした下野。理想が詰め込まれた夢のからあげ居酒屋が誕生した。


(C)AbemaTV,Inc.

関連リンク

  • 6/10 15:02
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます