「辞めJ」兄弟大ブレイク!森進一息子・Hiroは手越と同期、兄・ワンオクTakaはNEWSの元メン

拡大画像を見る

 6月4日放送の『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)で、Hiroこと森内寛樹(27)がジャニーズ事務所に所属していた過去について語った。今回、Hiroの他、NMB48の渋谷凪咲(24)、平成ノブシコブシの徳井健太(40)、カリスマホストのローランド(28)が、ダウンタウンの松本人志(57)、サブMCの千鳥とともに本音トークを繰り広げた。

 Hiroは、人気ロックバンドMY FIRST STORYのボーカリストとして活躍、父は森進一(73)、母は森昌子(62)、兄はONE OK ROCKののTaka(33)という音楽業界のサラブレッド。ミュージシャンとして活躍する一方で、トーク力にも定評があり、今年4月には『スッキリ』(日本テレビ系)の新コーナー「SHOWCASE」の月替りMCに抜擢され、スピッツへロングインタビューをするなど才能を見せている。

 そんな才能豊かなHiroだが、千鳥のノブ(41)から「Hiroくんはなんでもできそうやねえ」と言われたHiroは、「いや、僕けっこう苦手なこと多くて。ダンスも僕できないですし」「僕、前ダンスする事務所にいたんですよ」と、過去にジャニーズ事務所に在籍していたことを告白。これに松本やノブは「えっ、あの!?」「えっ、そっち!?」とびっくり。

 Hiroは「最年少とかで入ってたんですよ。8歳とかで」「そのときに、もうわけもわからない状態になっちゃって」と振り返り、「そもそもその、何をしているのかもわからない状態で、みんながとりあえず踊ってる」と、ジャニーズJr.のレッスンについて説明。Hiroは「そうすると見回りの人みたいなのが来て、俺のところで止まって“君はダンスの才能ないよ”って言われて」「クビじゃん、じゃあと思って」と笑い、それで才能がないと感じてジャニーズ事務所を退所したという。

■順調なら手越祐也と同期

 ノブが「今思えば、同期あの人だったなとかわかるんかな」と聞くと、Hiroは「順調にいってれば手越くんとかですかね」と元NEWSの手越祐也(33)の名前を挙げ、「たぶん入った月も一緒ですし、入った年数も一緒なんで、順調にいってれば僕と同期です」と続けた。千鳥の大悟(41)が、父親からはジャニーズを辞めたことについて「何も言わんの?」と聞かれると、「あんま基本言わなかったですね。なんか別に、そんなに無理強いされたものでもなかったんで」「別に“やりたいことやれば”っていう感じでした」と、森家の教育方針を明かした。

 Hiroの兄であるワンオクのTakaもかつてはジャニーズに所属しており、2003年11月にNEWSの結成メンバーの1人としてCDデビューしている。しかし、デビュー翌月、学業を優先するためという理由でグループを休業、脱退。事務所も自主退所したという過去がある。

 もしHiroも続けていれば、兄弟そろってNEWSとしてデビューした可能性もあったのかもしれない。

関連リンク

  • 6/10 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます