近藤真彦、「薄っぺら」痛烈批判・東山を“スルー”も納得の「今の仰天肩書き」!

拡大画像を見る

 歌手の近藤真彦(56)が6月9日、都内で行われたサミーの新規事業『m』の発表会見に出席した。

 近藤は、昨年11月発売の『週刊文春』(文藝春秋)で25歳年下の女性との5年にわたる不倫が報じられ、無期限の芸能活動自粛処分を受けた。そのまま今年4月30日をもって長年所属したジャニーズ事務所を退所。5月16日に大分・オートポリスで行われた『スーパーフォーミュラ』第3戦に、レーシングチーム『KONDO Racing』の監督として復帰したが、イベントへの出席は今回が初めてとなる。

「近藤はイベント冒頭、“お待たせいたしました。これからポーカーの対決とか、いろいろあるんですけど、まずはどうぞ1日、お手柔らかにお願いいたします”と挨拶。かなり落ち着いた雰囲気で振る舞っていましたが、久しぶりのイベント出席とあって緊張はしていたようです。

 イベントには、近藤のほか、声優の中島由貴(23)、元乃木坂46の永島聖羅(27)も登壇し、ポーカーのポピュラーなゲーム・テキサスホールデムをモチーフにしたスマホアプリ『m HOLD’EM(エムホールデム)』を3人でプレイ。近藤が誤って試合を放棄するボタンを触ってしまう場面もありましたが、若手に囲まれながらも近藤は楽しそうにプレイしていましたね」(女性誌記者)

■上機嫌も囲み取材はなし!

 イベントではご機嫌な様子だった近藤。しかし、終了後に囲み取材は行われず、駆けつけた取材陣の質問に数問答えたのみだった。

「近藤は“ご心配おかけして申し訳ない。またイチからやり直します”とコメント。また、ジャニーズの後輩についても“退所するくらいに後輩や、いろんな方から連絡をもらいました”と言及し、東山紀之(54)との連絡については“それは話していないんで”と答えていました」(前出の女性誌記者)

 東山といえば、5月2日放送の『サンデーLIVE!!』(テレビ朝日系)で近藤の退所について、「退所の仕方に大きな疑問が残っている」「自分を犠牲にしてきたスタッフの思いを、マッチさんはどう受け止めるのか」「薄っぺらい」と痛烈に批判していた。

「東山さんの厳しい批判には本当に驚きました。東山さんにとって近藤さんは先輩。縦社会のジャニーズにおいて、あれほど辛辣な言葉を向けるというのは、普通に考えれば相当失礼ですよね。

 もっとも、近藤さんは不倫報道の結果、昨年12月に出演する予定だった歌番組などをすべて辞退し、準備をしてきたスタッフの努力がパーになってしまった。東山さんは“スタッフの思いをどう受け止めるのか”と口にしたように、そうしたスタッフや事務所関係者の心情を慮っての批判だったとの報道もありました。

 いずれにしろ、後輩からあまりにも厳しい批判をされ、以前だったら近藤さんが怒っていたとしても不思議ではない話。それにもかかわらず、東山さんを問い詰めるどころか“話していない”というのです」(ワイドショー関係者)

■東山スルー、会見なしの理由は肩書きにあり!?

 前出のワイドショー関係者は続ける。

「ただ、東山さんの件をスルーし、今回のイベント後にも囲み取材をやらずに近藤さんが逃げの姿勢を貫いたのは仕方ないのかもしれません。驚いたことに、今回の近藤さんの肩書きはあくまで、“『KONDO Racing』のチームディレクター”ですからね」

 今回のイベント取材に参加者に配布されたニュースリリースの「『m』事業発表会 ゲストについて」との項目には、近藤のプロフィールが掲載されている。それを見ると、生年月日と出身地のほかに「『KONDO Racing』チームディレクター。セガサミーグループが 2000 年より『KONDO Racing Team』をサポートしていることが縁で、サミーの応援に駆けつけた」と記載されている。

「近藤さんがイベントに登壇するときも、司会者は“『KONDO Racing』のチームディレクター、近藤真彦さん”と紹介していました。また、近藤さん自身も“20年以上、サミーさんには(チームのスポンサーとして)お世話になっている。サミーさんが新しい事をするということで、力になればと応援に駆けつけました”と、あくまでレーシングチームの監督として参加していることを強調していたんです。

 近藤さんとしては、今回のイベントでは『KONDO Racing』の監督という立場。芸能人ではないから、囲み取材も応じなくても良い、という考え方をしていたのかもしれませんね」(前同)

 しかし、イベント終了後に近藤は「スタッフといろいろ打ち合わせをして、ファンの皆さまに喜んでもらえるように準備しています」と芸能活動再開への意欲ものぞかせた。

「今回のイベントでも会見から“逃げた”近藤さんですが、芸能活動を本格再開させたら、肩書きがどうであれ逃げられないでしょう。会見なり、囲み取材なり、じっくりと不倫騒動とジャニーズ事務所退所について話す機会が必要になってくると思いますよ」(同)

 今後、芸能界でのマッチの華々しい復活劇はあるのだろうか?

関連リンク

  • 6/10 6:55
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • ポン吉くん

    6/10 11:41

    明菜を返せ

  • Chaos

    6/10 9:46

    ひっこんでろ!( º言º)

記事の無断転載を禁じます