男性に「即レスしなくていいや」と思われてしまうLINE9パターン

気になる男性には、LINEを送るだけでドキドキするのに、既読がついてもなかなか返事が来なかったら、落ち着かなくなってしまうもの。即レスしてもらえない原因は、もしかすると自分が送ったメッセージにあるのかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「男性に『即レスしなくていいや』と思われてしまうLINE」をご紹介します。

【1】「いま電車」「もうすぐ本屋」と自分の行動を実況中継する
「途中からうっとうしくなって、まともに読んでもいない…」(10代男性)というように、自分の居場所をいちいち知らせて、相手にウザがられるパターンです。この種のLINEに付き合ってもらえるのは、相手を待たせている場合だけかもしれません。

【2】「こんな花が咲いてたよ」と相手の興味を無視した内容を送る
「なんの感慨も湧かなくて、返す言葉が浮かんでこなかった」(20代男性)というように、内容に関心を持ってもらえなければ、やりとりに引き込むのは難しそうです。無反応でもめげずに、「この話題はイマイチか…」などと少しずつ相手の興味を把握していきましょう。

【3】相手が反応に困るような、意味不明なスタンプを送りつける
「忙しいときに謎かけみたいなことをされても、付き合ってられません」(20代男性)というように、突飛なスタンプで相手の気を引く作戦も、うまくいくとは限らないようです。とはいえ、相手も暇ならスタンプ合戦で盛り上がる可能性はあるでしょう。

【4】早朝や深夜など、向こうが寝ぼけていそうな時刻に送信する
「頭がボーッとしてるから、通知に反応するのが精一杯」(10代男性)というように、内容だけでなく、送るタイミングも重要なようです。通勤通学の途中やランチタイムなど、相手がスマホを見ていそうな時間帯なら、返信してもらえる確率が高まりそうです。

【5】「来月の飲み会って行く?」と緊急度の低い質問を投げ掛ける
「先の話だから、予定が決まってから返せばいいかなと…」(20代男性)というように、即レスする必要がなさそうな内容では、後回しにされるのも当然かもしれません。「今のところどう?」と現時点での予定を尋ねる形にすれば、反応してもらえそうです。

【6】即レスどころか、読む気すら失わせるほどの文字量を一度に送る
「パッと見て長文だったら、あとで読もうと思いますね」(20代男性)というように、読むだけで時間がかかりそうな文面では、即レスどころか内容確認の時点で時間がかかってしまうようです。込み入った話の場合は、結論から先に書くなど、読み手の負担軽減を考えましょう。

【7】「女子会やってまーす」と返信不要と思われそうな報告をする
「へぇと思って終わり。返事自体しない」(20代男性)というように、SNSの投稿のようなメッセージも、あっさりスルーされてしまうようです。ただし、「紹介してくれた店だよ」などと相手に関わりのある一文を添えると、なんらかのレスポンスは期待できるかもしれません。

【8】矢継ぎ早に送信して、文面を考える余裕を相手から奪ってしまう
「次々届いたら、口を挟むタイミングを失ってしまうので…」(10代男性)というように、慌てて何通も送ったせいで、即レスさせにくくしてしまうケースです。言い足りないくらいで止めたほうが、「それで?」などと返事を促せそうです。

【9】「では、おやすみなさい」と自ら話を締めくくってしまう
「レスする前に話が完結してたので、読んで終わりにした」(10代男性)というように、自分だけで話をきれいにまとめてしまうと、やりとりに発展せずに終わってしまいそうです。文末を「だよね?」などの質問形にして、「返信待ち」だとアピールしましょう。

気持ちのおもむくまま送っても、期待通りの返信はもらえなさそうです。自分ならどんなLINEに即レスしたくなるかを考えながら、内容やタイミングを決めましょう。(安藤美穂)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/9 10:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます