元国民的アイドルグループメンバーのXが薬物依存でダルク通いに!? 未だインフルエンサーの奇行とは?

拡大画像を見る


 国民的アイドルグループの姉妹グループの一期生として大活躍した元女性アイドルXについて、芸能界引退の裏にあったという衝撃の事実が舞い込んできた。

 Xはその美貌で人気も高く、未だに10万人以上のフォロワーを抱え、ファンの声援を多く集めていたメンバーのひとりである。しかし、人気絶頂のさなかにグループからの脱退と芸能界引退を発表した。その裏に隠された事実とは一体何か。

「実は交友関係をめぐってXは何度も注意を受けていました。違法薬物を使用しているのではないか、と噂されていたのが3年前のこと。周りはその噂を聞き、ごく一部のメンバー以外はXを遊びの場に誘うこともなくなり、いつのまにかメンバーの中で浮いた存在になっていました」(芸能記者)

 奇行も増え、収録に遅れることは当たり前、喜怒哀楽が激しくなり、気分の浮き沈みが日によって目まぐるしく変わり、泣いたり大声で叫んだりすることもあったという。先述した通り、この当時も違法薬物に関する噂が流れていたが、マスコミも証拠をつかんではおらず、せいぜい『疑惑』程度の扱いをされていた。だが引退して日数も経った昨年の秋、「ようやく真相が明らかになった」と取材した記者は語った。

「薬物依存者を助けるダルク関係者が主催する、大麻などのゲートウェイドラッグの依存者を集めるグループミーティングが東京都内で行われたのですが、そこにXが年配の男性と共に現れたのです」(芸能記者)

 このミーティングでは、参加者は本名を名乗らずに自身の経験や辞める努力などを話す。ただ、さすがに元アイドルだけあって彼女は目立つ存在だったという。

「参加者は20人程度だったのですが、帽子を深く被り現れたXの姿に周囲はざわめき、Xは主催者に何か言われて、結局一緒に来た年配の男性と去っていきました」(芸能記者)

 このミーティングはスマホやカメラなどの通信機器や撮影危機、録音機器などを持ち込み禁止としていた。そのため本人確認はできていないが、その場にいてネタを持ち込んだ男性は記者に次のように証言したという。

「その男性はそのグループのファンで何度もコンサートに行き、放送される番組は全て録画しているほどの熱心なファンででした。その男性がXに愛称で呼びかけたところ、Xは焦り出して、別室で待機していた付き添いの男性を呼び出して席を立ったと証言しています」(芸能記者)

 芸能界を引退したXだが、SNSでは多くのファンを集めており、インフルエンサーとして活躍している。芸能活動も細々と活動しているという。

 果たして大麻に関する自助活動に参加したのは、本人が悩んでの末の行動だったのであろうか。違法薬物依存から脱却できたのであれば、再びファンの前で派手なパフォーマンスを見せてもらいたいものだが。

  • 6/8 8:00
  • TOCANA

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます