P&G、東京2020大会「表彰台」披露 大会史上初「リサイクルプラスチック」製

拡大画像を見る

P&Gジャパン合同会社(神戸市/以下、P&Gジャパン)は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(以下、東京2020組織委員会)が2021年6月3日に主催した「使い捨てプラスチックを再生利用した表彰台プロジェクト~みんなの表彰台プロジェクト~」で、完成した東京 2020大会の表彰台を発表した。

同イベントは、P&Gジャパンによる事業協力のもと実施された。「表彰式アイテム発表会」にてお披露目された表彰台は、P&Gが消費者から回収した、使用済みプラスチック容器を再生利用して作り上げたもの。オリンピック、パラリンピック史上初となる、市民参画型のリサイクル表彰台だ。

24.5トンの使用済みプラスチックが生まれ変わった結果

P&Gジャパンでは、19年6月から20年3月末まで全国のイオングループ約2000店舗で一般消費者から、20年1月から2月にかけて全国113の学校から、それぞれ使用済みプラスチック容器を回収していた。その結果、24.5トン (内訳/店舗:11.9トン、学校:1.1トン、企業・団体:11.5トン)を回収し、表彰台全98台の製作に必要な回収量を達成。これらは海洋プラスチック(0.5トン)と合わせてリサイクルされ、表彰台へと生まれ変わった。

完成した表彰台のプラスチックパーツには、全てリサイクルプラスチックを使用しており、製造には3Dプリンターを活用。デザインは、東京2020大会のエンブレムを手掛けた野老朝雄氏が担当した。表彰台の側面は、東京五輪・パラリンピックのエンブレム「組市松紋」を立体化させたデザインであり、色は伝統的な「藍染め」を想起させる。

プロジェクト発表から完成までに密着した動画も公開中

東京2020大会は、国連において設定された「持続可能な開発目標(SDGs)」に貢献する大会として、今後の大会のモデルとなることが期待されている。

P&Gグループは国際オリンピック委員会(IOC)のワールドワイドオリンピックパートナーおよび東京 2020 パラリンピックのゴールドパートナーとして、大会の成功だけでなく、日本での3R(リデュース、リユース、リサイクル)の意識を促進し、「持続可能な開発目標(SDGs)」に貢献することを目指して「表彰台プロジェクト」に取り組んできた。プロジェクト発表から完成までの道のりに密着した動画を、P&Gジャパン公式ユーチューブで見ることができる。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 6/8 16:30
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます