コロナ禍で沖縄旅行を中止した女性「みんなだってやっているのにズルい」

拡大画像を見る

 6月20日まで東京や大阪などの9都道府県で緊急事態宣言が再延長された。引き続き不要不急の外出は控えるように呼びかけられており、旅行なんて以ての外だろう。

 とはいえ、5月31日で宣言は解除されると信じ、友人や知人との予定を入れていたという人もいるハズだ。このご時世を考慮して中止するべきか、キャンセル代がかかる場合はいくらなのか……相手との価値観の違いなどから嫌な思いをしたと話すのは、東京都内在住の会社員・さくらさん(27歳・仮名)だ。

◆6月はじめに沖縄旅行の予定だった

 さくらさんは、6月4日の金曜日から有給をつかい、沖縄県に3泊4日で旅行に行く予定だったという。

「那覇にホテルを取って、近くのビーチや離島、免税店に行くことを楽しみにしていました」

 旅行の計画を立てたのは4月末。大学時代の同級生との2人旅。旅行会社の人も「6月になればもう安心でしょう」と言っていたそうだ。

「それが5月後半になって、だんだん雲行きが怪しくなってきたというか。再延長あるんじゃないかとニュースでも話題になっていて。ずっと我慢して我慢して、いや、まさかもうないだろうと思って予約をしていたので……」

◆友人と喧嘩に「会社クビになったら責任取れる?」

 とはいえ、さくらさんは「正直行くつもりでいた」。一方、友人は真逆の反応だった。

「友人から5月29日に『宣言のびたから行かないよね?』というLINEがきました。不謹慎とは思いながらも『SNSに書かないで誰にも言わないで気をつけて行けば大丈夫じゃないかな?』と提案しました。

 もう緊急事態宣言に慣れてきているし、みんなだって言わないだけで実際は外に出ているじゃないですか。だから全然行く気満々でした」

 何度さくらさんが説得しようとしても友人は首を縦に振らなかった。最終的に「万が一、沖縄でコロナにかかって会社クビになったら責任取ってくれる?」とケンカ腰で言ってきたという。

「彼女の会社は、緊急事態宣言が出ている間は、何をしていたのか、誰といたのか、どこに行っていたのか、逐一報告しなければならないようで『さくらの会社とは違うの!』とまで言われてしまいました。確かに、私も責任は取れないのでキャンセルすることにしたんです。でも、さらにひと悶着あったんです……」

◆旅行をキャンセルしてもお金は返ってこない

 予定日まで1週間をきった予約のキャンセルは、料金が返ってこない。旅行会社の人に「緊急事態宣言が延長されたから考慮して欲しい」とは言ってみたものの、謝罪されるだけだった。

「安いプランだったし、仕方がないのはわかってるんです。でも、行けないのに5万円近く払うのはちょっと厳しい。国内だし、私は旅行に行きたかったので誰か他の友達を誘って行こうかなって思いついたんです。

 でも、友人からは『それはナシだよ。私だって本当は行きたいのにズルいよ』とつっぱねられました。じゃあ、私のキャンセル分を払ってくれるのか? と言ったら、そういうわけでもない。ただただ、お金が引き落とされるだけ。

 友人のせいではないけど、自分は絶対に行かない、でも他の人と行くのもダメ。私のキャンセル代は一切払わない……。なんだか理不尽に思えてしまいました」

◆「みんなだってこっそりやっているのにズルい」

 さくらさんが「みんなだってこっそりやっているのにズルい」と不満を爆発させる。

「私は最終的に『緊急事態宣言を考慮して旅行をキャンセルした』という正しい行動をしたはずなのに、5万円近くを失ってキャンセル代は1円も返ってこない。ご褒美がもらえるわけでもない。納得できるはずがありません。

 だって、本当に全員が全員、きちんと我慢していればいいんですが、まわりも“いちいち言わないだけ”で、国内旅行なら行っている。20時以降にお酒を飲んでいる人だっている。もちろん、バレてしまえば批判されるけど、うまく楽しんでいる人だっている。それがズルいなって。黙って行っちゃったほうがお得感があるじゃないですか。

 新宿や渋谷あたりなんてコロナ前と変わらないぐらい人が出ている。マスクをして、手洗いやうがいを徹底して密を避ける、20時以降は飲食店にも行かない、それでもういいじゃんって思います」

 とはいえ、さくらさんは今回のことを教訓に、コロナが終息するまでは旅行はもちろん、レジャーにも行かないと決めたと話す。

「コロナの状況に左右されるなら、そもそも約束なんて意味ないじゃないですか。友達と揉めるのもウンザリ」

 さくらさんは最後に「日本ではロックダウンが出来ないから平等に自粛するなんて不可能に等しい」と苦笑した。

<取材・文/吉沢さりぃ>

【吉沢さりぃ】
ライター兼底辺グラドルの二足のわらじ。近著に『最底辺グラドルの胸のうち』(イースト・プレス)がある。趣味は飲酒、箱根駅伝、少女漫画。Twitter:@sally_y0720

関連リンク

  • 6/8 15:54
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます