合コン会場じゃないですよ!結婚式でひんしゅくを買う行動9パターン

友人の結婚式で出会いを期待している人もいるかもしれませんが、がっつき過ぎは禁物。不評を買うだけでなく、新郎新婦との友情にヒビが入るかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性238名に聞いたアンケートを参考に「結婚式で『ここ、合コン会場じゃないよ!』とひんしゅくを買う行動」をご紹介します。

【1】自己紹介もそこそこに、電話番号を知りたがる
「強引というか、なんか図々しい」(20代女性)というように、その場に居合わせただけで連絡先を知りたがるのはドン引きされるでしょう。節操がないと思われたくなければ、じっくり会話を交わしたあとで聞くのがよさそうです。

【2】「ケバい子ばっかりだな」などと女性の品定めをする
「『キャバ嬢みたい』とか、好き勝手言う男にイライラ…」(20代女性)というように、女性の身なりをいちいち批評する男性も、疎まれてしまうようです。参列者を見渡して何か感じることがあったとしても「褒める」以外の表現は避けたいところです。

【3】女性とみるや手当たり次第に未婚か確かめる
「面倒で『既婚です』とウソつくと、サッと引く」(20代女性)というように、初対面でいきなり独身かどうか聞き出そうとするのは、下心が丸見えだと警戒されてしまうでしょう。いいなと思う女性がいたら、新郎新婦との関係を尋ねる中で、それとなく未既婚を察するのがよさそうです。

【4】新婦友人の席でお酌をしまくる
「新郎新婦のご家族ならともかく、なんでアンタが…と不自然に感じます」(20代女性)というように、よこしまな目的でお酌して回っても、本心を見透かされてしまいます。二次会ならともかく、披露宴の場で女性に近づこうとすると、「痛い男」だと思われてしまうでしょう。

【5】記念ムービーなどに可愛い女の子が登場すると「ヒュー!」と歓声をあげる
「最低。主役がかわいそうでしょ…」(20代女性)というように、新婦以外の女の子に対するリアクションが大きすぎる男性も、白い目で見られてしまいます。あくまでも花嫁が主役ということを念頭に置いて行動しましょう。

【6】女友達同士で話しているとき、空気を読まず間に入る
「久しぶりに会って盛り上がっているというのに…気分台無し」(20代女性)というように、女性たちの会話に、躊躇なく割って入るのも疎まれてしまうようです。無理にきっかけを作るより、ひとしきり思い出話が終わる頃合いを待ってから、自然に声を掛けたほうが好印象でしょう。

【7】二次会で気になる女の子の隣の席を強引にゲットする
「魂胆がミエミエで笑うしかない」(20代女性)というように、ターゲットに定めた女性にあからさまに近づきたがるのも、やりすぎだと思われてしまうでしょう。消極的になりすぎる必要はありませんが、せめて世間話などをして仲良くなってからアプローチしたいところです。

【8】箸袋の裏などに連絡先を書いてどさくさに紛れて渡す
「悪いけど、すぐに捨てました」(20代女性)というように、いきなり連絡先を渡すのは、ナンパと大差がないと思われてしまいます。合コンならともかく、人の幸せを祝う場なので、目的を履き違えた行動は慎んだほうがいいでしょう。

【9】写真を撮りまくり「あとで送るから」という口実で女性の連絡先を尋ねる
「海外の観光地でやられた詐欺を思い出した」(20代女性)というように、「写真」にかこつけてメアドを聞き出そうとするのも、女性をウンザリさせてしまうようです。そもそも無断で撮影すること自体、気持ちが悪いと思われてしまうので、「一緒に一枚写っていただけませんか」などと丁寧にお願いするところから始めてみましょう。

そもそも結婚式は、「人の幸せを祝うための場」なので、新しい出会いに淡い期待を抱くだけならともかく、ガツガツするのはやめておきましょう。(外山武史) 【調査概要】 期間:2014年2月12日(水)から19日(水)まで 対象:合計238名(10代、20代の独身女性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/8 14:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます