佐藤健も北川景子も「ペヤング沼」落ち!製造元を直撃取材「Yahoo!ニュースにも…」

拡大画像を見る

 6月6日放送の『テレビ千鳥』(テレビ朝日系)に、千鳥の大ファンでノブ(41)の親友である佐藤健(32)が出演。「ガマンペヤング!」とのタイトルで、番組名物の企画「ガマン飯」を『ペヤングソースやきそば』で展開した。

「極限まで大好物を我慢し、気持ちが最高潮に達した瞬間においしく食べる企画です。佐藤はペヤングについて“いちばん好き”“飲みに行って、深夜2、3時ごろ無性に食べたくなる”と話すほどのペヤング好き。“昨日から食事を抜いて整えてきました”と意気込んでいました。ノブ(41)はツッコミ担当で、基本的に大悟(41)が進行していましたね」(制作会社関係者)

 ロケ地はテレ朝本社の屋上。まずは、テーブルの上に置かれ、赤い布で覆われた「布越しのペヤング」を触ることで、気持ちを高めていく。ペヤングは特盛などビッグサイズも発売されているが、佐藤は「この大きさ!」と、通常タイプのペヤングのサイズ感を堪能。

 さらに、ノブに「スカートちゃうぞ!?」と指摘されるような絶妙な表情で布をめくり、中のペヤングをチラ見。「ペヤングの『ペ』が見えました! こんな色だったんだ」と、食い入るようにペヤングを見つめていた。

「その後も腹に直接自筆の“ペヤング”と書いた紙を巻き付けたり、ペヤングの開け方を“裏からひと思いに”と話すさまを大悟に“お前は乱暴な男やな! 下着をとる時か!”とツッコまれたり。ちなみに、大悟いわくペヤングの“かやく”は、“新鮮な春キャベツより旨い”そうです(笑)」(前同)

■「エア」「裏ビデオ」「ペヤング顔芸人」でさらに高める

 その後も番組はいつも以上にやりたい放題。焼きそばソースの袋を枕に仮眠をとろうと大悟が言い出し、数秒間も無言で寝てるだけの千鳥と佐藤の様子が映った。しびれを切らしてノブが「流れとんぞ地上波で!」「佐藤健の無駄遣い!もっとほかのことをしてもらえ!」と嘆いていたが、佐藤は実に楽しそうにしていた。

「空の器でペヤングを食べる“エアペヤング”を行った際は、佐藤は“少年なんやな”とノブに評されるような、ちょっと乱暴な箸運びをしていましたが、逆にこれがリアル。ジェスチャーが非常に上手く、やはりトップクラスの“役者”なんだな、と感じました。“あー高まってきたー!”と高揚する佐藤に、さらに大悟が畳みかけました」(前出の関係者)

 大悟が次に用意したのは「裏ビデオ」。ペヤングができあがるまでの過程を、実に美味しそうに撮ったシロモノで、佐藤はこれを腹筋しながら見て2分間屋上をランニング。ここまで焦らされ、やっと佐藤の手元にはペヤングとお湯が用意された。それを持ってきたのはADではなく「ペヤングのフォルムにいちばん似てる(輪郭が長方形)芸人だから」という理由で、元ザブングルの加藤歩(46)だった。

「大悟の提案で、佐藤は“物陰から出たのはペヤングか加藤か見極めるゲーム”をさせられたんですが、そこでも佐藤は“ペヤング!”と何度も連呼し、加藤の顔芸に笑い、実に楽しそうでした。

 その後ようやくペヤングを作って食べるわけですが、ここでの佐藤の仕草が非常に見事でした。かやくの袋を切って麺の上に載せるわけですが、その空になったかやくの袋に、切り離した切れ端をしまいこんでいたんです。非常にきっちりした性格がうかがえますよね。ちなみに、本来のペヤングは”お湯を入れて3分で湯切り”ですが、佐藤によると”2分35秒がベスト”だそうです」(前同)

■北川もお気に入りのペヤング

 お湯を切って投入されたソースの香りに「うーわっ」「これはやっべー!」と、普段からは想像がつかないほどテンションがあがった佐藤。ノブは佐藤のリアクションの良さに「ペヤング売れるぞこれ!」としていたが、翌日のSNSでは、実際に多くの人が「ペヤング売り切れだった」という旨の発言をしていた。

「佐藤は、段取りを無視してひとりだけペヤングをがっつくノブに“我慢できなくて犯罪をするタイプ”と辛らつにツッコんだり、涙声で“おいしーっ……!”とペヤングを味わったり。さらに用意されていたジョッキのビールを“これこれー!”っと声がひっくり返りながら本当に美味しそうに、セクシーに首筋を動かしながら飲んだり……。もう、夜に流してほしくないですこれは。完全に“飯テロ”でしたよ(笑)」(女性誌記者)

 ずるずると美味しそうに音を立ててペヤングを食べてから、大きく息を吐き、脱力して空を見上げる佐藤の姿はノブが「『るろうに剣心』のラストみたい」「昇天した」と評するほどに美しかった。『るろうに剣心』の番宣で出演した佐藤だったが、結果的にペヤングにとってこのうえないPRとなったようだ。

「最近では、北川景子(34)も、4月23日放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ(金スマ)』(TBS系)で“きっちり時間を計って最高の状態で食べるペヤング”が好きだと話していました。夫のDAIGO(43)にオススメされたのがきっかけだそうです」(前同)

■『ペヤング』の製造元に直撃インタビュー!

 日刊大衆は今回の事態を受けて、『ペヤングソースやきそば』の製造元である『まるか食品株式会社』製品開発課グループ広報担当小島裕太氏を直撃。以下のような返答が得られた。

――今回の佐藤健さんと北川景子さんの発言を知っていますか?

「事前に制作会社様からご連絡頂いているので認識しております。

 芸能界でご活躍され、影響力のある方々に”ペヤングが好き”と公言して頂き、本当にうれしく思っております」

――『金スマ』放送後、売り上げなどに影響はありましたか?

「直接売り上げに関するデータは取っていませんが、Twitterでの反響が大きく、Yahoo!ニュースにもなっていたので、影響はプラスの方向で出ています」

――佐藤さんは「湯切りは2分35秒」を推奨していたほか、ネットでは「2分がベスト。3分は麺が柔らかすぎ」という意見もあります。会社としては、どう思われますか?

「弊社では3分を推奨しております。

 熱湯で3分間湯戻しした食感が弊社が推奨している柔らかさになります」

――今回のような「ペヤング好き」という発言から、CM起用のオファーをかける可能性はありますか?

「ゼロではないと思います。実際に『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)でペヤングを紹介して頂いた後に、マツコ・デラックスさん(48)をCMに起用したこともあります」

■取材の結果さらに衝撃的な事実も明らかに

『月曜から夜ふかし』でペヤングが取り上げられたあと、2013年にマツコのCMが放送されていたというが、そのキッカケとなった2012年4月16日放送の『夜ふかし』には、今回取材に対応してくれた小島氏が、当時流行していた『激辛ペヤング』の生みの親としてVTRとスタジオに出演していた。

 当時の小島氏は入社1年目の23歳。定番の焼きそばが偉大すぎるあまり新商品を開発する機会が少なかった会社を説得して生まれたのが、現在もマイナーチェンジを繰り返して人気商品となった『激辛やきそば』だった。いわく「日本一辛い物を作りたかった」らしく、「よく作ってくれた!」と、称賛の電話が購入者から多く届いたという。

「当時の放送で小島さんは、“ソースをかけて麺とよく混ぜる”というプロセスの次に、“フタをして30秒待つと麺がしっとりしてソースがよく馴染む”という裏技を紹介していたほか、スタジオでは、『ペヤング』の意味は“ペアのヤング”つまり”若いカップル“が仲良く食べられる焼きそば、という意味であることを解説したり、マツコと関ジャニ∞の村上信五(39)に激辛ペヤングを実際に調理し、食べさせていました。

 ちなみに、『夜ふかし』はこの年の4月9日スタートで、この回が2回目の放送でした」(前出の取材記者)

 この際、村上は「待ってるでCM。いつでもええよ。(一緒に来ている)課長によろしく言うといて」と小島氏にPRしていたが、2021年に至るまで、ペヤングCMへの出演は叶っていない。2016年にマツコは同社の『ペヨングソースやきそば』のCMに再び起用されたものの、村上は置いてけぼりを食らってしまった。

 芸能界を席捲するぺヤングの魅力。佐藤以上にCM出演を待ち望んでいるのは、村上かもしれないーー。

関連リンク

  • 6/8 7:20
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます