ワクチン騒動はこう切り抜けろ・後編 ワクチンを打って心が晴れやかに 「これで旅行も会食もできる」

国が言うようにワクチンはどんどん打つべきでは(写真はイメージです)

前回まで・ワクチン騒動はこう切り抜けろ 51歳の筆者が既に接種済出来た方法とは | TABLO 

電車に乗って、クリニック最寄りの駅から徒歩5分。そのクリニックは、雑居ビルの〇階にあった。隣のビルの一階は、風俗店、しかもソープランドだった。性感染症を診療科目としている理由は、このことだったのかと合点がいった。
エレベーターに乗って、クリニックのあるフロアで降りる。外階段に面している鉄製の扉が半開き。中をのぞくと街によくあるこじんまりとした、歯医者の待合室さながらの部屋。8畳ほどで、ベンチが5つほど。一人ずつ間隔を空けているが席はほぼ埋まっている。

他にいるのは20~30代前半の若い女性が大半。風俗嬢の持つ独特の煌びやかさはない。どちらかというと地味で、髪を後ろに束ねて、事務とかもしくは病院でカーディガンを着て、「採血しますね」と優しく声をかけて下さる看護師風の女性が大半。男性はほかに60代と思しき、男性がひとりいるだけ(筆者は51歳)。
カウンターには、待合室で待っている女性たちとほぼ同じ年代の女性が3人。登録情報の確認。免許証を見せるとバインダーに入った問診票を渡された。そのついでに筆者は聞いた。

「医療従事者ではないんですが大丈夫ですか?」
「メインは医療従事者用ですが、お受けいただけます」
「なぜ余剰が発生するんですか」
「そこはわかりかねます」

ワクチン輸送難航を日本企業が救うか マクセル社が世界初の全固体電池を量産へ マイナス70度でも使用可能 | TABLO 

本当に知らなさそうだ。書き終わって問診票を渡し6番の番号札を渡されてから数分。

「西牟田さん、奥へどうぞ」

カウンターの横にある、飛行機の通路ほどの廊下の両脇に3畳ほどの診察室があり、その一番奥の更衣室ぐらいの部屋に30代とおぼしき女性がいる。医者用の作業着を着ている。問診票を渡すと、スツールにすわるよう促された。Tシャツの袖をまくって肩を出す。片方の肩は50肩。夜眠れないぐらいに痛む。痛いところに打つよりも、全く痛くない方の肩を出してみた。

すると、アルコールを含ませた綿で筆者の肩を消毒、昆虫採集キットの薬液用の注射ぐらいの、おもちゃみたいな注射器の先を刺される。垂直に刺される。垂直ってすごく痛そうだと想像していたのだが、鍼灸の針ぐらいを刺される程度。ほぼ痛みは感じない。
ワクチンの成分が体内に入るときには異物感があったり、痛かったりしそうだな。と身構えていたら、女性はそのまま針を抜いた。えっもういいの?って感じ。打ち手にいくつかの質問をしようかと思ったが、

「この注射は医療従事者だけが打てる?」
「はいそうです」

とやりとりできただけ。スツールに座ってから立ち上がるまで、30秒ほどしかかかっていなかった。
その後、20分間、副反応の経過観察のため、待合室で待機した。数分経つとやや火照ったがその程度。腕の痛みもない。意外に思えたのは、5000円のデポジットを看護師に支払うとき、「二回目はいつ予約されますですか?」と聞かれたことだ。打てても一回分だけだから、もう一回分はふたたび登録し直すか、おそらく秋になる出てあろう、区のクーポンを待つか、するしかないと諦めていたからだ。

スタジオで田崎史郎vs玉川徹の喧嘩勃発 「ゲスのカン繰りだ」「僕はゲスなんですか」 | TABLO 

おかげで「旅行は出来ない、会食は出来ない」と自分に言い聞かせていた、心のリミッターが少しはずれた気がした。そして、未来への展望がムクムクとわいてきた。やや火照って、微妙に思考がぼんやりしていたが、筆者の心はこの1年半の間でもっとも晴れやかだった気がする。

この日の夜、ワクチンを接種した方の肩がやや痛んだ。しかし普段よりはよく眠れた。というのも打っていない方の肩が、50肩なので、痛みが分散していい感じだったのだ。翌6月4日、筆者は毎月診察してもらっているかかりつけ医に、自身のワクチン接種について聞いてみた。すると先生はこう評した。

「ワクチンの余剰はどうしても出てしまうし、国が『打てる人からどんどん打って欲しい』と河野太郎行革担当大臣が言っています。西牟田さんが、機会をとらえて早く打ったのはさすがですし、それは正しい行動だと思います」と。

「余ったワクチン「廃棄しないで」 河野担当相が呼びかけ」(2021年5月21日 朝日新聞より)

止まらない芸能界の感染拡大 新型コロナに感染した芸能人まとめ 改めて挙げてみると凄い数 | TABLO 

ワクチン接種を、地方自治体のスケジュールを待たずに早く打つこと。それは抜け駆けではない。余剰のワクチンの有効活用につながる。それに集団免疫ができ、コロナ禍収束の一助となる。つまりこれは、コロナ禍を終わらせるための公的な協力でもあるのだ。ぜひ、筆者に続いて欲しい。機会を見つけて、打てる人からどんどんと打ってほしい。(文@西牟田靖)

関連リンク

  • 6/8 6:00
  • TABLO

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます