広末涼子、肌着姿で「性の教育&快楽」大胆告白の“四十路艶”を大解剖!

拡大画像を見る

 人気ドラマ「桜の塔」(テレビ朝日系)に出演中の女優の広末涼子が、5月末に発売された女性ファッション誌「VOGUE JAPAN」(7月号)に登場。あまりにも艶っぽい四十路グラビアが話題になっていた。

 その1枚目から鮮烈なカットで、右肩にジャケットを羽織り、挑発的な視線でまっすぐカメラを見つめる広末は、驚くべきことにトップスに身に着けているのは、白のレース柄のキャミソールと黒の胸用肌着のみ。大胆に肌見せした首筋や鎖骨、肩回りのデコルテラインからフェロモンの豊潤な香りを漂わせ、吸い寄せられる胸元は、推定Cカップの美バストが存在感を発揮していた。

 アンダーウエア姿をここまで披露するのも珍しいが、特集記事のテーマは“艶っぽさが女性を輝かせる”というニュアンスのフレーズ。その期待に応えるように、広末は限界ギリギリのフルスロットルで肌見せ。美ボディはみごとなまでに仕上がっていた。

「3児の母親で子育てに忙しい中、スタイルを維持するために毎日腹筋100回したり、腹筋ローラーでボディを鍛えているそうです。過去に出演したイベントでも、プチ断食を行ったり、体幹トレーニングを始めていることも明かしていました」(芸能記者)

 今回の「VOGUE」で広末は、「性についての教育」や「快楽」についても大胆告白している。90年代後半のブームを経て、四十路になった広末にどんな心境の変化があったのか。ドラマ現場での様子も含めて、6月8日発売の「週刊アサヒ芸能」6月17日号で特集されている。

関連リンク

  • 6/8 5:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • 玉葱

    6/8 16:17

    だいもくから全てにおいて良くも悪くも日本人らしい感覚だわなぁ…。性教育をエロ目線でしか捉えられない稚拙さが性教育が進まない後進国原因だと思うけど…。まぁ…良く言い換えれば、おくゆかしい秘事って事なんだろうけどな…。

  • 昨今はブラジャーを「胸用肌着」と言わなければいけないのか。 そういえば広末涼子って「モリ○ン」なのよね。

記事の無断転載を禁じます