もう君とは話したくない...。男性がイライラする「女性の口癖」は?

拡大画像を見る


女性は普通に話しているつもりでも、男性をイライラさせてしまう口癖があります。この口癖を使う回数が多い人は、どんなにモテたいと思っても男性の方から逃げていく可能性があります。
男性と仲良くしたいなら気を付けておきたい3つの口癖を紹介していきます。


「でも~」/「だって~」

誰かに何かを言われた時、否定から入る癖がある人は男性をイライラさせます。本人としてはできない理由をキッパリ言っているつもりでも、話している人は話が進まずイライラするでしょう。
特に自分から相談しておいて「でもそれは〇〇だからできない」のように否定ばかりされると、男性は話をすることすら嫌になってしまいかねません。
いわゆる「でもでもだってちゃん」にならないように気を付けましょう。


「私って〇〇だから~」

「私って朝起きるのが苦手なタイプだから~」のように、自分のことを表現する話し方も男性は嫌う人が多いと言われています。
特にそれほど親しくない人に対してこのような話し方をすると「いや、知らないんだけど」と思われてしまうでしょう。
この話し方は「私のことだから分かると思うけど」と言っているようで、自意識過剰に思われるリスクがあります。上から目線に思われることもあるので注意しましょう。


「男性って〇〇だよね」

自分のことを決めつけられるのを嫌う男性は多いものです。一般論や自分の経験則から「男性って〇〇だよね」と決めつけるのはやめましょう。
それが「男性って頼りがいがあって素敵だよね」のように良いことであっても、勝手にテンプレートを押し付けられているようで窮屈に感じてしまいます。
男性全般ではなく、目の前の男性を見るように意識しましょう。その上で「〇〇さんって△△ですよね」のように言った方が、男性に好印象を与えることができます。
意識しないとイライラさせるかも?男性の苦手な口癖に気を付けて!口癖はかなり強く意識しないと自分では気付けないものです。だからこそ知らない間に男性をイライラさせることもあるでしょう。
男性と仲良くコミュニケーションをとりたいのであれば、男性に嫌がられるような口癖を持たないように気を付けましょう。
(土井春香/ライター)(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 6/8 5:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます