オンラインの出会いで“やってはいけない”こと

拡大画像を見る

 コロナ禍でオンラインでの出会いが増えています。その分、画像や動画の“映え”など、対面とは違う部分にも気を使う必要が出ているようです。そこで、オンラインでの出会いで“やってはいけない”ことを知っておきましょう。

■プロフィール写真を加工し過ぎる

 オンラインでの出会いのツールの一つがSNS。その中で、プロフィール写真を掲載することもありますよね。でも、その写真を加工し過ぎると、実際に対面したときに「全然、写真と違う……」とギョッとされることも。とくに、痩せているように加工するのは、自分が損するだけです。実物以上によく見せていないか、チェックしておきましょう。

■ビデオ通話で独り言をつぶやく

 ビデオ通話で相手と話し終わった後は、音声をオフにしましょう。「今日はイマイチだったな……」などと独り言をつぶやいてしまうと、マイクを通して相手に聞こえてしまうかもしれません。

■ビデオ通話中に家族が乱入する

 ビデオ通話は自宅で行うことが多いので、家族が突然映り込むことがあります。そんなとき、両親や兄弟姉妹が登場してしまうのは考え物。確かに微笑ましいムードになることはありますが、基本的には1人のときにやりましょう。

 ニューノーマルとなったオンラインでの出会い。いろいろ試行錯誤しながらのチャレンジだと思いますが、ぜひ参考にしてくださいね。

関連リンク

  • 6/7 18:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます