ディズニー&ピクサー最新作は日本アニメから影響受ける、キャラ誕生の裏側

拡大画像を見る

『トイ・ストーリー』の“おもちゃたちの秘密と友情”、『モンスターズ・インク』の“モンスターたちの秘密と友情”、『リメンバー・ミー』の“家族の秘密と絆”など、数々の驚きと感動的な物語を贈り届けてきたディズニー&ピクサー。そんな彼らのこの夏必見の最新作は、北イタリアの美しい港町ポルトロッソを舞台に“最高の夏”を描く『あの夏のルカ』(6月18日(金)よりディズニープラスで独占配信開始)。



数々の感動作を生み出してきたピクサーが日本でも長年愛され続けてきた理由の一つに、『トイ・ストーリー』に登場するおもちゃたちや、『モンスターズ・インク』に登場するモンスターなど、可愛くて個性的なキャラクターが登場することが挙げられる。そんな中、ピクサー最新作となる本作の主人公は“シーモンスター”という新たなキャラクターとなっており、監督を務めたエンリコ・カサローザはシーモンスターのキャラクターをデザインする際、可愛くて魅力的なキャラクターにする工夫を述べると同時に、キャラクター制作に影響を与えた数ある要素の一つに“日本のアニメーション”も含まれていることを明かした。

これまで『カールじいさんの空飛ぶ家』『リメンバー・ミー』『トイ・ストーリー4』など、どれも魅力的なキャラクターが登場する人気作に携わってきた本作の監督エンリコは、実は大の親日家として知られており、中でも日本のアニメーション作品がとても好きで、スタジオジブリ、宮崎駿といった日本を代表するアニメーションはもちろん、湯浅政明監督の『マインドゲーム』や『ケモノヅメ』、さらに今敏監督の『東京ゴッドファーザーズ』など多くの日本アニメーションからインスピレーションを受けていることを明かしている。

幅広く日本のアニメーションへの造詣も深いエンリコ監督が描く、この夏新たにピクサーに登場する主人公“シーモンスター”のルカは、内向的で気の小さい性格ではあるものの、恐れられている人間の世界に興味を持つ好奇心旺盛な少年だ。エンリコ監督はルカを作り上げる工程で、“シーモンスター”という響きによってキャラクターに怖いイメージを与えないように“可愛くすることが大事”と述べており、「この主人公はシーンによってはちょっと怖くすることもできたけど、豊かな好奇心と人間の世界に興味を持っているということをきちんと描きたかった。だから彼には大きくて丸い目を与え、そこから可愛さを生み出したよ」とルカというキャラクターに込めた想いを語った。

さらに、エンリコ監督は本作を描くにあたって様々なシーンで大好きな日本アニメーションから影響を受けたと語り、“シーモンスター”に対しても「キャラクターの口の動きに関しては日本のアニメーションから影響を受けたよ。日本のアーティストは素晴らしい。僕は日本にすごく親しみを持っているよ」と、ピクサーが生む新しいキャラクターに日本アニメーションから影響を受けた部分があることを明かした。

これまでピクサーには『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』など、日本でも映画公開時から長年親しまれてきた大ヒット作品がある。それらの作品が今でも人気を誇っている理由の一つには感動するストーリーのほかに、作品に登場する“可愛くて個性的なキャラクター”が挙げられ、人気キャラクターは映画の枠を超えてグッズなどでも大人気となっている。『トイ・ストーリー』シリーズの主人公“ウッディ”は誰もが知っているカウボーイ人形となり、ピクサーの代表的なキャラクターともいえる。その他にもスペースレンジャーのおもちゃ“バズ”や、宇宙人型で可愛いと人気が高い“リトル・グリーン・メン”など魅力的なキャラクターたちがたくさん登場している。

多くのモンスターが描かれている『モンスターズ・インク』シリーズには、お馴染みのサリーやマイクのほかに、かわいい二つ結びの女の子“ブー”やシリーズ2作目の『モンスターズ・ユニバーシティ』に登場する日本のお餅がモチーフになっている“スクイシー”など、モンスターの物語であるもののそれぞれのキャラクターが可愛く個性的に描かれていることによって、観る人に愛されるような大ヒット作品となった。

これまで可愛くて個性的な人気キャラクターを数多く生み出してきたピクサーから、新たに日本アニメーションから影響を受けて誕生する“シーモンスター”のルカとアルベルト。エンリコ監督の想いによって、2人はどのように描かれているのか。正体を隠したまま憧れの人間の世界へと踏み出す2人にどんな冒険が待ち望んでいるのか。ディズニーファンなら見逃せない感動の物語となっている。

エンリコ・カサローザ監督は、第84回アカデミー賞短編アニメーション賞にノミネートされたピクサーの短編アニメーション『月と少年』を手掛け、アカデミー賞受賞作品『カールじいさんの空飛ぶ家』のストーリー・アーティストを始め、『リメンバー・ミー』『トイ・ストーリー4』など様々な作品に参加し、高い評価を得ている。監督は北イタリアで生まれ育ち、夏らしさに溢れるイタリアの海岸を、まるでそのまま切り取ったかのように本作へ取り込んだ。監督が「子供の頃に自分とは全く違う世界に住む少年と夏に出会ったんだ。その夏の思い出から、少年が大人へと成長する物語を作りたいと思ったんだ」と明かすように、自身の経験からインスピレーションを受け、大人の心をも揺さぶる物語となっている。

ディズニー&ピクサーの最新作『あの夏のルカ』は、6月18日(金)よりディズニープラスで独占配信開始。


■『あの夏のルカ』

6月18日(金)よりディズニープラスで独占配信開始
監督:エンリコ・カサローザ
製作:アンドレア・ウォーレン
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

(C)2021 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

関連リンク

  • 6/7 17:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます