『大豆田とわ子と三人の元夫』第8話:台詞「人生楽しんだほうがいいに決まってる」が刺さる…オダギリジョーの素顔も注目です

拡大画像を見る

2021年6月1日にカンテレ・フジテレビ系で放送された『大豆田とわ子と三人の元夫』第8話。

前回第7話では、ビジネスとプライベートの顔が違いすぎる小鳥遊(たかなし / オダギリジョーさん)の登場によって、視聴者一同が震え上がる事態に……!

オンとオフの差が激しすぎて「怖すぎる」と話題になりましたが、今回第8話では「小鳥遊=ただの怖い人」ではないことが判明したんです。

【第8話あらすじ】

とわ子(松たか子さん)が社長を務める「しろくまハウジング」を買収し、退任要求を突き付けてきた小鳥遊。

そのいっぽうで、「プライベートでは、これまでと変わらずとわ子と仲良くしたい」と言ってくるし、本当に訳が分かりません。

小鳥遊に振り回されつつも、徐々に惹かれていくとわ子。元妻の恋心を察した3人の元夫たちは、気が気ではなく……!?

【小鳥遊がオンとオフを分けるようになった理由】

小鳥遊は、今でこそ「完全無欠のエリートビジネスマン」ですが、ここまでの道のりは決して平坦ではありませんでした。

17~31歳のときは、「ヤングケアラー」として、たった1人で家族を介護

その後、今の会社の社長に拾われて救われたものの、恩があるから「社長の命令には逆らえない」となり、人から恨まれるような仕事もするようになります。

それだけでは飽き足らず、やがて娘との結婚まで迫られるように……。

一時はそんな毎日が嫌になって、心を許しかけた同僚にうっかり「なりたかった俺はこんなんじゃなかったんだよ」と愚痴を言ったこともありましたが、

「贅沢言ってんじゃねーよ、いいよなァお前は。」

と言われて、2度と人前で本音を言うまいと心に誓ったのです。

過剰なほどにオンとオフを分けるのには、こうした理由があったんですね……切ない(涙)。

【人生は楽しんでいいに決まってる】

小鳥遊は、ヤングケアラー時代を「人生がない期間があった」と振り返っています。

そんなときに、手を差し伸べてくれたのが、小鳥遊が仕える社長。

「とりあえずお前、人に作ってもらった飯食え」とカレーを差し出し、「居場所」を作ってくれた社長のことを、裏切れないと感じているようなんです。

自己犠牲を絵に描いたような小鳥遊に、とわ子は

「たった1杯のカレーで人を閉じ込められるんなら、たった1杯のカレーで逃げ出せばいいんです。そんな恩着せがましい社長のカレーより、ずっと美味しいと思います」
だって『人生は楽しんでいいに決まってる』、あなたがそう教えてくれたから、作れたカレーだから。

とカレーを差し出します。これをきっかけに、小鳥遊は社長の娘との結婚をやめると決意したのでした。

「人生がなかった」と感じていた小鳥遊が、とわ子に「人生は楽しんでいいに決まってる」と言い、その言葉で救われたとわ子が、人生を楽しみながら作ったカレーで、小鳥遊は救われた。

気がつけば、お互いに救い合っていた2人……もしかしたら、こういう人を「運命の相手」と呼ぶのかも!?

【まさかとは思うけど「演技」じゃないよね…?】

こうして「ただの怖い人」ではないことが明らかになった小鳥遊。

ですが、一部視聴者のあいだでは「これも演技だったらどうしよう」と心配する声があがっており、もしそんな展開だったら怖ろしすぎてギャン泣きしちゃう

どうか小鳥遊が演技していませんように……と願いつつ、気になるのは2人の恋の行方!

とわ子の4番目の夫「シーズン4」となるのか、それとも全く違う関係性を築くのか……次回のお話も気になりすぎますっ。

参照元:カンテレ、Instagram @omamedatowako、Twitter @omamedatowako
執筆:田端あんじ (c)Pouch

関連リンク

  • 6/7 8:45
  • Pouch

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます