【難読】“かんぐ”? 「寛ぐ」の正しい読み方

拡大画像を見る

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「寛ぐ」の読み方です。

“かんぐ”? なにそれ? と思った方は、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

■「寛ぐ」の読み方は?

「寛」は、寛大、寛容と読むので、“かん”という読み方に馴染みがありますよね。

しかし、これに「ぐ」の送り仮名をつけて、“かんぐ”とは読みません。

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“くつろぐ”と読みます。

■「寛ぐ」の意味と使い方

『デジタル大辞泉』によれば、「寛ぐ」の意味は以下のように解説されています。

くつろ・ぐ【▽寛ぐ】

①[動ガ五(四)]

1 仕事や心配ごとなどを忘れて、伸び伸びとする。心身をゆったりと休める。気がねなくのんびりと振る舞う。「温泉につかって―・ぐ」「―・いだ雰囲気」

2 窮屈な服装・姿勢などをやめて、楽なかっこうになる。「浴衣に着替えて―・ぐ」

3 能楽で、演者が演能の途中で観客に背を向けていることをいう語。一時的に、その登場人物が、場面から身を隠したことを意味する。

4 ゆるむ。ゆるくなる。

「冠 (かうぶり) の額すこし―・ぎたり」〈源・若菜上〉

5 ゆとりがある。余地ができる。

「数定まりて、―・ぐ所もなかりければ」〈源・澪標〉

[可能]くつろげる

②[動ガ下二]「くつろげる」の文語形。

つまり、気持ちが落ち着いてゆったりとしていること、といった意味合いの言葉ですね。耳馴染みがある言葉ですが、漢字では「寛ぐ」と書くんですね。

■読めない漢字はきっとまだまだたくさん

あなたは「寛ぐ」を正しく読むことはできましたか?

きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。馴染みがある言葉ですが、意外な漢字が使われていましたね。

ひらがなで表記されることが多い言葉ですが、改めて調べてみると、よく見る漢字の意外な読み方を知れますね。

(ななしまもえ)

関連リンク

  • 6/6 17:10
  • マイナビウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます