上田の活躍には「良い意味で嫉妬」も…林大地、生き残りへ意気込み「準備をし続けたい」

拡大画像を見る

 6日、U-24日本代表FW林大地(サガン鳥栖)がオンラインでの取材に応じた。

 5日にU-24ガーナ代表の対戦を迎えたU-24日本代表は、6-0で勝利を収めた。林はまず3選手が揃ってスタメン入りしたオーバーエイジ(OA)の印象について問われると「今までに感じたことのない存在感というか、日本代表としてW杯や世界の強豪チームでスタメンとして出ている選手とこんなに近い環境でやらせてもらうことが初めてなので、衝撃を受けました。他のカテゴリーでも上を追求している人たちと一緒に活動できるのは貴重な経験だし、自分にとってはより刺激を受けています。もっとやらないといけないと感じています」と語った。

 U-24ガーナ代表戦は出場機会がなくベンチから見ていた林だが「やっぱり後ろに安定感があると思ったので、攻撃は良い意味で自由にやれるというか、後ろがしっかりしている分、思い切って攻撃できるのではないかと思いました」とコメント。また3日に出場したA代表との一戦について問われると「全体的に動きの質や止めて蹴る技術、パススピードなど全てにおいてレベルが違うと感じたので、(自分も)伸ばさないといけないと思いました。ただ、自分の得意な形に持っていけたときには、完全に勝ったわけではありませんが嫌がるプレーはできたと思うので、そういった回数を増やしていけたらと思います」と手応えも口にした。

 東京オリンピック本大会のメンバー入りへ、U-24ガーナ代表戦では同じFWの上田綺世がゴールとアシストを記録。林はライバルの活躍に触れながら「綺世は得点という見える結果を残しましたし、自分は出場していないので味方として良い意味で嫉妬しています。彼には大学時代から刺激をもらっていましたし、今後結果を残すかどうかは自分次第だと思うので、いつ出番が来ても良いように準備をし続けたいと思います」と今後の試合出場へ意欲を示した。

 そしてFWとして大切にしていることを問われると「何が何でも自分がゴールを決めてやるんだと(いう気持ち)。ベタになってしまいますが、自分がチームを何とかしてやるんだという気持ちは常にあります。負けている時勝っている時に関係なく、代表で生き残っていくためにも必要です。そういった気持ちは昔から思っています」と語った。

 U-24日本代表の次戦は12日、ジャマイカ代表との一戦が予定されている。

関連リンク

  • 6/6 15:15
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます