アグエロの父親が明かす移籍裏話「アーセナルとチェルシーは最後まで息子を追いかけた」

拡大画像を見る

セルヒオ・アグエロの将来はFCバルセロナに決まったが、選手本人は最後までマンチェスター・シティ残留を望んでいたようだ。

同選手の父親レオネル・デル・カスティージョがアルゼンチンのラジオ番組『Radio La Red』に話した内容によると、アグエロには他のビッククラブからも接触があったという。

「息子は最後の瞬間までシティと一緒にいることを望んだが、それは叶わなかった。彼を欲しがるクラブはいくつもあったよ。アーセナルとチェルシーは最後まで彼を追いかけたね」

一方、父親は息子のアグエロがレオ・メッシの所属する「バルセロナと契約して幸せになった」と語っている。

「彼らは15歳の頃からの友人で、いつも連絡を取り合っている。レオはバルセロナに残るようだから、彼らは一緒にプレーすることになるだろう」

なお、メッシとアグエロは現在、共にアルゼンチン代表に合流しており、W杯に向けた南米予選を戦っている。

関連リンク

  • 6/5 7:20
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます