カップルヌードルの「フタ止めシール」がエコを考えて廃止に → 蓋が猫耳みたいな開け口2つの「Wタブ」になります

拡大画像を見る

2021年6月3日に、日清カップヌードルの公式ツイッターが意味深なつぶやきを投稿。

「さようなら、全てのフタ止めシール。#西暦2021年6月4日11時発表」

とツイートして、一時トレンド入りを果たしました。

これって……つまり……カップヌードルに必ず付いてる「フタ止めシール」がなくなっちゃうってこと!?

【あのシールにお世話になっていたのに…】

意味深なつぶやきが投稿されるや否や、瞬く間に拡散されて、わずか1日で8万超もの「いいね」を集めています。

フタ止めシールとは、文字通り、カップヌードルが出来上がるのを待つ間フタを止めてくれるシールのこと。

カップヌードルをくるっとひっくり返すと底面に施されている、あのシールです。

私はめちゃくちゃ活用していたので、つぶやきを見た瞬間、「あのシールがなくなるだなんて……これからどうすればいいの……!」と衝撃が走りました。

【プラスチック削減のため50年目のリニューアル!】

衝撃から、いち夜明けた6月4日に、日清カップヌードルの公式ツイッターが “続報” を投稿。

「発売50年を機に、カップヌードルの底に付けていた『フタ止めシール』を廃止することにしました。これで年間33トンのプラスチックが削減できます

と、今回の騒動(?)の真相を明らかにしました。

また、フタ止めシールがなくなっても困らないよう、対策を行ったようで……

なんと、フタをしっかりと止められるよう、開け口を2つに増やした「Wタブ」を採用したそうなんです!

これによって、カップヌードルのフタは猫耳のような形へとリニューアル。

実はこの形、日清カップヌードル公式ツイッターが昨年の猫の日に “ネタツイート” として提案していたものであり、ひょっとしたらこのときから、リニューアルの話が出ていたのかも……!?

【6月から順次切り替えを実施】

「Wタブ」パッケージは、レギュラーサイズのカップヌードルに採用。

今後発売するレギュラーサイズの商品も含め、6月から順次切り替えを行っていくといいます。

ちなみに、ビッグサイズとミニサイズは対象外。ビッグサイズには、引き続きフタ止めシールが付くそうですよ~!

参照元:Twitter @cupnoodle_jp、日清食品グループ
撮影・執筆:田端あんじ (c)Pouch

関連リンク

  • 6/4 13:05
  • Pouch

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます