今季ACL、オーストラリアの3クラブが参加を辞退へ…AFCに意向を表明

拡大画像を見る

 アジアサッカー連盟(AFC)は4日、今シーズンのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)においてオーストラリアの3クラブが今後の参加を辞退すると発表した。公式サイトで伝えている。

 今回の発表によると、シドニーFC、メルボルン・シティFC、ブリスベン・ロアーの3クラブが2021年ACLのグループステージとプレーオフステージ、および予選ステージから辞退する意思を表明したという。いずれもオーストラリアサッカー協会(FFA)を通じて意向を示したと見られているが、その詳細は明らかにされていない。今後、AFCの関連委員会によってその対応が正式発表されるという。

 シドニーFCはガンバ大阪と同じグループHに所属。メルボルン・シティFCはセレッソ大阪とのプレーオフステージ、そしてブリスベン・ロアーはカヤ・イロイロ(フィリピン)と対戦する予選ステージからの参加が予定されていた。今後の動向に注目が集まっている。

関連リンク

  • 6/4 14:32
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます