出世を諦めた年収700万円の地方公務員、それでも充実の日々と語るワケ

拡大画像を見る

労働政策研究・研修機構の調査によれば、34%のサラリーマンは課長以上になれない。“出世&仕事”ができない男たちが生き残る術は何か。独自の処世術で抜け道を探し、生涯サラリーマンを貫く男たちの生き様に迫る。今回は少年野球の審判ボランティアで充実した日々を送る40代男性を取材した。

◆少年野球の審判で地域貢献。趣味を通じて友人も増えた

 採用試験さえ突破すれば定年まで雇用が保障される公務員。そのせいか勤労意欲の低い職員も多く、市民から「仕事が遅い!」などたびたび批判されることも。

「私は高卒入所組だし、出世が無理なのはわかりきっていたこと。怠けているつもりはないですが上昇志向もないですし、確かに仕事はできるほうじゃないかも(笑)」

 そう本音を明かすのは、年収約700万円の地方公務員・田所俊二さん(仮名・48歳)。仕事は生活の糧を得るための手段と割り切っており、プライベート重視の生活を送っている。元高校球児の経歴を生かして20~30代は地元少年野球チームの指導者を務め、週末は野球漬けの日々だったという。

「好きな野球を通じて地域に貢献できることに魅力を感じていました。コロナ前は保護者の方とよく居酒屋で野球談議に花を咲かせていましたし、ほかにも子供たちを交えてバーベキューや食事会を開き、私自身も楽しんでいました」

◆現在は審判ボランティア

 だが、40代になったのを機にクラブの指導者から引退。現在は不定期に審判ボランティアや臨時コーチとして参加する程度とか。

「ずっと審判に興味があったんです。こういう審判ってボランティアなんですが、当然みんな野球好き。同じ講習会に参加した縁で友人になった人もいます。大人になると友達をつくりにくいと聞きますが、私はプライベート重視の生活のおかげで友人ができやすい環境だったんだと思います」

◆新たに始めた趣味も

 ただし、毎週審判をするわけでもない。休日の空いた時間で、新たに始めたのが妻の趣味である山登り。今はコロナ禍で遠出は控えているが近場の山を夫婦で一緒に登っているそうだ。

「子供が就職したこともあり、妻との時間を増やしたかった。仕事は相変わらずですけど、打ち込めるものがあるおかげでオン・オフをリセットしやすく、ストレスフリーな日々を過ごせています」

 月4日ほど審判ボランティアを務め、「今度は高校野球の審判にも挑戦してみたい!」と夢を語るが、仕事面ではこれといった目標はないという。年収700万円の公務員に趣味の充実が加われば、最強だ。

●田所俊二さん(仮名・48歳)
高校卒業後に地元自治体に就職した地方公務員。現在は3年の任期で出先機関の市立図書館に出向中。年収は約700万円

<取材・文/週刊SPA!編集部>

―[[仕事できない人]の生存戦略]―


関連リンク

  • 6/4 8:54
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます