【5つのデブ習慣】「ながら食い」は夏でも冬でもいつでも太る原因に!

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/226521/ )

こんにちは、神戸市垂水区にある漢方薬店「CoCo美漢方」の田中友也です。鍼灸師、国際中医専門員の資格を取り、日々、薬店と鍼灸院で皆さんの健康相談に乗っています。

この時期気になるのが、二の腕やお腹周りなどコロナ禍で身についた体重…。

今回は「ついやってしまっている5つのデブ行為」について5日に渡り1つずつお話ししたいと思います。

 

デブ行為4・「ながら」はどういうシーンでも太る原因になる

食事中にスマホをいじりながら、テレビを見ながら、本を読みながら、音楽を聴きながら、誰かと話しながら…「ながら食い」している人はすごく多いと思います。

ある研究では、ながら食いはどのくらいを食べたか把握しにくくなり、「満腹感を得にくい」というデータもあるそうです。

また、ながら食いをすることで、咀嚼する回数も減りやすい傾向にあると言われ、満腹中枢も刺激されにくくなり、満腹感や満足感も得られにくくなるので、いつまでも食べてしまい、肥満の原因に繋がります。

中国には『専食(せんしょく)』という言葉があり、食事中は食べることに専念することが大切とされています。

作ってくれた方に感謝しながら、美味しく食事に集中して食べましょうね。

関連リンク

  • 6/3 21:30
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます