山下智久「辞めジャニ史上最高」待遇?「苦境」発言に「勘違いじゃない?」

拡大画像を見る

 5月28日に、ラグジュアリーファッション誌、『ELLE JAPON』(ハースト婦人画報社)7月号が発売された。特別増刊号として、山下智久(36)が表紙のものが発売になり、発売後即売り切れるコンビニや書店も続出。

 SNS上では「もう一冊買いたい」「心臓止まるかと思った」「筋肉すごい! 本当にストイック」などといった、ファンからの絶賛の声であふれた。

「同号では、山下のディオールのアンバサダーとしての活動が主に取り上げられていましたが、今年の3月から、山下はイタリアの高級アクセサリーブランドであるブルガリでもアンバサダーとしても活動しており、まさに世界を股にかけた活躍ぶりです」(ファッション誌ライター)

『ELLE JAPON』では計21ページの特大ボリュームで山下の写真とインタビューを掲載。ディオールの花柄のジャケットや着こなして草原でリラックスする姿や、波打ち際で黒のセットアップを着たスタイリングが、非常に印象的だ。

「特に海辺でのショットでは、ノースリーブ姿になった山Pのかなり筋肉質の腕が最高です。髪には金色のメッシュがひとすじ入っており、アップのカットでは挑発するような視線を投げかけていて、36歳になった山下のオトナの魅力がぞんぶんに発揮されていますね。」(前同)

 このように、グラビアでは絶賛されている山下だが、実はインタビューでのある発言が問題になっているという。

 それは、ディオールの化粧品ライン「ディオール ビューティー」の特集で「あなたにとって “Time to Glow.”(輝く瞬間)とは?」という問いに対する、山下の答え。

「苦境に立たされたとき。今までにないチャレンジングな状況に置かれてそれを乗り越えたときに輝きを放つ気がします」

 一見すると、実にまっとうなこの発言が、一部で反発を招いているという。

■山下「退所劇」とその後の人気ぶり

「山下さん本人にしかわからない苦しみや逆境はたくさんあったと思いますが、この発言からは、ジャニーズという大きな傘の下から離れた自分が苦境にある、といいたいんだろうな、という印象を受けます。ただ、過去のスキャンダルや事務所退所の流れを考えると、本人の認識が甘いのかもしれないな、とも感じられますね。厳しい言葉かもしれませんが、彼は他の『退所組』と比べると抜群に恵まれていますよ」(女性誌記者)

 山下は2020年8月に、「文春オンライン」で未成年女性A子さんとの飲酒疑惑を報じられ、活動自粛状態に置かれていたが、同年11月10日に、10月31日付でジャニーズ事務所を退所していたことが発表され、ファンの間には衝撃が走った。

「当時、亀梨くんとのユニット『亀と山P』でアルバムを出すはずでしたし、亀梨くん主演のドラマにも山下さんが関わる、ともっぱら噂でした。『野ブタ。をプロデュース』以来の亀梨・山下コンビの復活を楽しみにしているファンも多かった。

 それだけに、あまりに唐突な退所は、やはりショックでしたね。どうしてもそれよりもやりたいことがあったと突き付けられたような気持ちというか……もちろん、本人の意思ではありますが、複雑でした」(芸能誌記者)

■悲喜こもごもの「辞めジャニ」…山下の厚遇!!

 近年、ジャニーズ事務所を退所したタレントたちは、その後の活動でかなり苦労をしているケースが見られる。

「錦戸亮(36)、渋谷すばる(39)など元関ジャニ∞の辞めジャニ2名については、本人たちはのびのびやっている印象ですが、そこまで活躍していないですよね。少なくとも、『ごめんね青春!』(TBS系)で主演を務めていた錦戸や、関ジャニ∞の音楽面のメインだった渋谷すばるの退所後のアーティスト活動は、コロナ禍という事実を加味しても、やっぱりジャニーズ時代より精彩を欠いているという感じが、どうしてもあります」(前同)

 また、2014年に退所した元KAT-TUNの赤西仁(36)は、海外での活動を志向しているものの、いまやYouTubeが主戦場で、そこまで成功しているイメージはない。同じくKAT-TUNだった田中聖(35)や、田口淳之介(35)も、薬物事件で逮捕されたこともあって、退所後にテレビでの活躍は見られない。

「これに対して山下は、ジャニーズ所属時の2020年6月からHuluオリジナルドラマ『THE HEAD』に出演し、海外進出へ一歩踏み出していた。退所後もすぐにブルガリ、ディオールのアンバサダーになっています。

 2022年には、ハリウッド映画『The Man From Toronto』の公開や、WOWOWとハリウッドの協同制作ドラマ『TOKYO VICE』の放映が控えている。

 こうしてみると、山下の活動は順風満帆そのものといえます。それだけに、『ELLE』での“苦境”発言にたいして、“どこが苦境なんだ”“勘違いじゃない?”という反発の声が上がるのも当然かもしれませんね……」(前出の女性誌記者)

 ジャニーズの肩書を捨て、新たなステージで、山下は輝き続けられるのか……。今後の活動に注目したい。

関連リンク

  • 6/4 6:20
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます