「後手を踏んでしまった」…0-3敗戦のU24横内監督、A代表との経験値の差を痛感

拡大画像を見る

 U-24日本代表の横内昭展監督が、3日に行われたチャリティーマッチの日本代表戦を振り返った。

 3日に開催予定だった『キリンチャレンジカップ 2021』日本代表vsジャマイカ代表が中止になったことを受け、急きょ開催された“兄弟対決”。U-24日本代表は2分にセットプレーからA代表の先制を許すと、さらに2失点を喫して3点を追う展開となる。五輪世代は終盤反撃を見せたが、結局は1点も返せずに0-3で敗れた。

 試合後のオンラインメディア対応に出席した横内監督は、相手に序盤の主導権を握られたことについて、「少し自分たちのリズムに慣れるまで時間がかかりました。その時間(序盤)はA代表の強度が少し高く、後手を踏んでしまった印象」と分析。「速い時間で失点したので、どうしても我々とすれば追いかける立場になる。そこの強度は上げないといけなかったです。0-3という結果を真摯に受け止めないといけません」と述べた。

 A代表との差について問われると、「A代表にも関わっている選手がたくさんいるので、クオリティを持っている選手は五輪代表にもたくさんいます。ただ、まだまだ強度の高いサッカーの中でクオリティを発揮するという点で、A代表の選手たちのほうが経験があるということだと思います」とコメント。また、「今日スタメンで出た選手にはA代表の強度が対戦した時にどれくらいかを体感してもらうには、本当にいい機会でした。その中で自分たちのものをどれだけ出せるかを見たかったです」とスタメン選考の意図を明かした。

 前半は田川亨介、後半は林大地に決定機が訪れたが、決められずに無得点。それでも横内監督は、「少しタイプが違うところで、両選手チャンスはありました。決めきればというところはあるが、厳しいプレッシャーの中、よく走って戦ってくれたと思います」と両選手に労いの言葉をかけた。

 中1日の5日にU-24ガーナ代表との対戦を控えるなか、急きょ組まれた今回の試合。横内監督はメンバー選考について、「移動があっての中1日なので、選手負担も考慮しながら考えています。A代表に混じって活動した選手もたくさんいますが、対戦相手としてのA代表の中で、強度や良さを発揮できるかを見たかったです。それぞれのポジションで出せる者は発揮してくれたと思いますし、できなかったこともあると思います。その両方が見れたと思います」と言及した。

 横内監督は最後に、オーバーエイジ枠の遠藤航を終盤の約15分間使ったことについては、「これも中1日の連戦でやりくりをしなければいけないということで、起用しました」と起用の意図を説明した。

関連リンク

  • 6/4 0:14
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます