おいでやす小田の”大声ツッコミ”はシンプルさに隠された経験のたまもの! 今最も熱い芸人の高度なテクニックを元芸人が解説

拡大画像を見る

 毎年のように、M-1グランプリを機にテレビへの露出が増える芸人が何名か存在する。

「M-1グランプリ2020」の場合はニューヨークや錦鯉がそれに当てはまるが、もう一人欠かせない男がいる。

 ピン芸人でありながらも同じくピン芸人とユニットを組んで出場し、今やバラエティに引っ張りだこ。瞬く間に時の人になった「おいでやす小田」である。

 今回のコラムは、星の数ほどいる芸人の中で、なぜ今おいでやす小田が重宝されるのかをもと芸人目線で分析していこう。

 おいでやす小田の代名詞といえば”ありえないほど大声でいうシンプルなツッコミ”だ。

”シンプルなツッコミ”=”簡単なツッコミ”というわけではない。

 芸人はボケや言葉を選ぶとき独特なセンスを見せたがる傾向にあるが、おいでやす小田のように、あるボケに対して大多数の人が思うであろうツッコミを瞬時に判断し、視聴者の感情を代弁する方がよっぽど難しい。

 大声ばかりが目立ち『ただ大声でつっこんでるだけ』と思うならば、もう少し踏み込んで考えてみてほしい。大多数の人間が何を思うか、を瞬時に判断できるかどうか。100人中80人が浮かぶであろうツッコミをチョイスできるようになるまでには相当な努力をして経験を重ねたに違いない。

 5月28日に放送された『ウッチャン式』(TBS)では、その大声でシンプルなツッコミに注目し「大声ツッコミ×???=無限に面白い」という式を打ち出し、「大声つっこみだとなんでも面白くなるのか」を検証する企画が放送された。

 実際にアキラ100%などのピン芸人やタレントが出演し、そのネタに対して即興でおいでやす小田が大声でツッコミ続け、見事に検証を成功させたのだ。

 しかもこの番組はゴールデンタイムの2時間スペシャル。おいでやす小田に焦点を当ててワンコーナーを作ってしまうという事は、認知度・面白さ・話題性など、あらゆる面で今もっとも熱い芸人と言っても過言ではない。

 大声と笑いは比例する傾向にあると僕は思う。

 おいでやす小田に関しても、もちろん元々持っているセンスや努力の賜物があったとしても、少なからず大声で無ければ今のブレイクはないと言える。

 僕は10年前に芸人を引退したが、今では時々ネタ見せという仕事をすることがある。ネタ見せとはライブやオーディションなどの本番を控えた芸人のネタを見て、アドバイスをする仕事だ。

 ネタ見せの中で一番多いのは「もっと大きな声を出せ」というダメ出しだ。芸人にとって基礎中の基礎である一方、忘れがちなものでもある。

 ライブなどの直接お客さんと対峙する場面だと声量は大事なポイントのひとつだ。

 笑いを起こすにはまずネタそのものに集中して観てもらう必要がある。小さい声の場合、何を喋っているのか聞き取ることに意識が行ってしまい、笑うという行為まで辿り着きにくい。更には笑う事で芸人の声がかき消されるので笑わないようになるのだ。逆に声が大きいと勝手に耳に入ってくるので面白ければ笑う。内容を頭で理解せず自然と受け取れる。声量にストレスを感じず安心して笑えるのだ。

 5月20日に放送された「アメトーーク」(テレビ朝日)の「ソニー芸人」の回でも、それを裏付ける話が出ていた。

 ソニーは「Beach V(びーちぶ)」という自前のライブハウスを持っている。そこは元々音楽のライブをやっていた場所で、壁が音を吸収する素材で出来ているため、芸人の声も笑い声も吸収されてしまい、自然に大声になっていくと言っていた。そのお陰でソニーの芸人の大半は大声を出すようになったと。

 元々はどこの事務所にも入れない芸人たちが集まると言われていた事務所だが、そこにいる芸人たちの声が強化された結果、バイきんぐやハリウッドザコシショウを筆頭に売れっ子が多く在籍する事務所になったのかもしれない。

 余談だが、昔僕が脚本・演出をした舞台で、役者さんに漫才をさせた事があった。

 ネタの内容は僕が書き、役者さんたちにはとにかく大きな声でやってくれとお願いし、いざ本番。

 その舞台をたまたま二丁拳銃の小堀さんが見に来てくださり、終演後少しお話させていただいた時に、漫才に関して『あの2人は芸人さん?』と言われたので『いえ、役者さんです』と答えると『あ、そうなんや。めっちゃ声出てて面白かった』と、漫才のプロに褒めてもらえた。いかに大声が笑いにとって大切か、改めて実感した瞬間だった。

 この大きな声を活用するのは芸人だけの話ではない。

 数年前にこういう依頼を受けたことがあった。

 全国から予選を通過した数名がとあるセミナーに通って、どれだけ成果をあげられるようになったかというのをプレゼンし競い合うコンテストの決勝戦があり、その大会で優勝したいのでアドバイスしてほしいという依頼。

 まったく未知なるジャンルだったが、面白そうなので引き受けてみた。

 決勝戦の概要を簡単に説明すると、ひとりひとりに与えられた時間は約10分。スライドを使いながら会場にいるお客さんにプレゼンし、お客さんの投票で優勝者を決める。依頼者にどうしてほしいか聞いたところ、基本的にはアドリブで話しをして、僕に見た目やしゃべり方の演出をして欲しいと言われた。

 人前でたった一人で10分間アドリブで話をし続けるというのは芸人でも容易ではない。対戦者たちのVTRを見させてもらったが、依頼者と同様、トークに自信があり、アドリブでも話せるという印象を受けた。

 僕はあえて一切のアドリブを一切禁止し、起承転結がある10分間で完結するトーク台本を作って覚えてもらうことに。

 そして”とにかく大きな声でやるように”と伝えた。

 前述したように大きな声は内容が勝手に耳に入ってくる。優勝するには大きな声は必須なのだ。

 練習初日、大きな声で台本を読むことから始めた。大声に慣れていない人は勝手に体が音量を抑制してしまう。意味のない「あ~」という言葉や歌などは容易に大声を出せるのだが、大声で話すという行為は難しい。イメージ的には100%のうち80%くらいの声量でやるのがベストなのだが、どう考えても50%くらいの声量しか出ていないのだ。依頼者自身は100%で声を出しているつもりだとしても。

 みなさんも試しに歌ではなく、本のような文章を大声で音読してみてほしい。思ったより声が出ていないことに気づくだろう。

 声が出ない理由は多々ある。喉の使い方がわからない、羞恥心が働いてしまう等。喉の使い方はひたすら大きな声を出していれば何とかなる。羞恥心はできるだけ人前で大声で話す意識をすれば取っ払える。

 これが出来たら第一段階終了だ。そして次にやることは大声を大きな声にするということ。

 大声と大きな声は違う。おいでやす小田のつっこみを思い出してもらえれば分かると思うが、ただ大声で叫んでいる人は必死に見えてしまい、言葉に悲壮感が漂う。悲壮感が出ている人間に投票する人はほぼいないだろう。

 大声を余裕で出しているように見せ、大きな声にしなければいけないのだ。

 大きな声は自信があるように見える。顔の表情は普段と変わらず、声量だけ80%で出す。なかなか高等技術だが、芸人をはじめ、舞台俳優などはいとも簡単にやっているので難しいことではない。細かいテクニックもある程度教えたが、とにかく声を意識してコンテストへ臨むよう伝えた。

 僕の依頼者はその大会で見事に優勝した。作戦勝ちだ。

 もし会社でのプレゼンがうまくいかない人はぜひ参考にしてほしい。

 まずは大声を出せるように喉を鍛え、羞恥心をなくし、そして大声を大きな声に変換する。
アドリブで話すのではなく、台本を作成して覚える。文章を読み上げているようなプレゼンをせず、今あたかもアドリブで話しているかのようにプレゼンする。

 これが出来たら人の耳も心も惹きつけられ、徐々に結果に現れることだろう。

 もしもっと具体的に教えてほしい方はぜひご一報ください。最後に自分の宣伝を入れつつ、今回のコラムを終わろうと思う。

 いつの時代も大声は面白い。

  • 6/3 17:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます