【ユニクロ・GU】40代以上はそのまま着ちゃダメ!「美しい60代」藤原民子さんに学ぶ差がつくオシャレ学【40代からのオシャレな人】

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/228187/ )

時の流れは平等。そう、人は誰しも同じスピードで年齢を重ねます。なのに…。
この世の中には、「年齢を重ねるほどに美しさに磨きがかかる人」と「年齢なりに見える人」「老けてしまう人」がいて、その差に驚くことはありませんか?同窓会などで久々に会って「あの頃と変わらずチャーミングな現役美人」な同級生に驚く一方で、「昔は美人だったのに…」「あの頃の面影は一体どこに…」「僕の青春時代を返して(男性目線)」など、「元美人」におさまってしまっていることで驚かせる人もいますよね。

 

老けて見える人と、老けない人の差は、一体どこからくるのでしょう?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

藤原 民子(@ta.mi.ko_f05)がシェアした投稿( https://www.instagram.com/p/CNM32YfghnF/?utm_source=ig_embed&utm_campaign=loading )

プラチナヘアと明るい笑顔が印象的な藤原民子(@ta.mi.ko_f05)さんは現在62歳。「これからもいろんなことに挑戦していきたい」との言葉どおり、ファッションもメイクも年齢に縛られることなく自由に楽しく謳歌している様子にとても好感がもてます。

 

早速、そのオシャレ術を見せていただきましょう。

ユニクロT+GUパンツのワントーン。なのに退屈しない小物テク

 

この投稿をInstagramで見る

 

藤原 民子(@ta.mi.ko_f05)がシェアした投稿( https://www.instagram.com/p/COjmcL2gFb0/?utm_source=ig_embed&utm_campaign=loading )

ユニクロユーのメンズTにGUのパンツというシンプルなコーディネートの飾りつけに藤原民子さんがまずチョイスしたのは、プラチナヘアからゆるやかにつながるワントーンコーデに浮かず沈まずちょうどいいバランスでおさまる、ガツンと大粒なパールのアクセサリー。一転、サスペンダーとサンダルはシックな黒をセレクト。曖昧になりがちなワントーンコーディネートにエッジィなアクセントを加えるバランス感覚はさすがのひと言に尽きます。キリッと効かせた赤リップもカジュアルのそのままにしない絶妙なアクセントになっています。

 

藤原民子さんに見習いたいオシャレ術はほかにもあります。

デザイン性も機能性も抜群の靴下ターバン

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

藤原 民子(@ta.mi.ko_f05)がシェアした投稿( https://www.instagram.com/p/CMjpWFBAUdA/?utm_source=ig_embed&utm_campaign=loading )

 

この投稿をInstagramで見る

 

藤原 民子(@ta.mi.ko_f05)がシェアした投稿( https://www.instagram.com/p/CPXYQ9-A0Fn/?utm_source=ig_embed&utm_campaign=loading )


藤原民子さんの定番スタイルのひとつが黒ターバン。美しいプラチナヘアとのコントラストがとっても素敵です。このターバン、なんと靴下でできているんですって!ただオシャレに見せる外見的なアプローチにとどまらず、柔軟なアプローチでオシャレを楽しむスタイル、ぜひ参考になさってみてください。

 

関連リンク

  • 6/3 10:30
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます