【鳴尾記念 血統データ分析】勝利数ではディープインパクトが圧倒 ! ステイゴールドの一発にも注意

拡大画像を見る

 5日に中京競馬場で行われる鳴尾記念(3歳上・GIII・芝2000m)について血統・種牡馬別に検証していく。なお、今年は開催日割の変更に伴い中京芝2000mにて施行されるため、2020年以降の当該コース成績をデータの集計対象とした。

 ディープインパクト産駒は[21-11-12-56]。出走頭数も延べ100頭と多いが、次点のハーツクライ(延べ73頭)と比較しても勝利数の差は歴然となっている。重賞においても21年金鯱賞で最低人気のギベオンが逃げ切り勝ちを収めるなど存在感を放つ。同産駒からはサトノソルタスが出走を予定している。

 ワークフォース産駒は[1-0-0-1]、キングズベスト産駒は[1-0-1-1]。ワークフォースはキングズベスト直仔の後継種牡馬で、どちらも出走頭数が少ないとはいえ、いずれも2勝クラス以上の特別戦で好成績を残していることには気を配るべきだろう。前者にはペプチドオーキッド、後者にはショウナンバルディが該当。

 ステイゴールド産駒は[3-1-1-8]。勝率23.1%は産駒が延べ10頭以上出走した種牡馬のなかでは最高値となり、20年ケフェウスS(4人気トリコロールブルー)、21年都大路S(7人気マウントゴールド)とオープン特別やリステッド競走を人気薄で制している。同産駒からはアフリカンゴールドが出走予定となる。

 ハービンジャー産駒は[1-2-2-23]。データ集計期間内に連対した3頭はいずれも牝馬で、性別では牡馬[0-0-2-11]、セン馬[0-0-0-1]、牝馬[1-2-0-11]という内訳になる。同産駒からはヒンドゥタイムズ、ブラストワンピース、ペルシアンナイトと上位人気が予想される牡馬が多いだけに、どういった結果になるのか興味深い。

関連リンク

  • 6/3 18:33
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます