鷲見玲奈、待望の初写真集「先行公開カット」にファン“モヤモヤ”の理由!

拡大画像を見る

 フリーアナの鷲見玲奈が8月4日に1st写真集を発売することが明らかになったのは、去る5月24日。2020年春まで在籍していたテレビ東京の局アナ時代から、その抜群のスタイルで視聴者を魅了し、男性誌でグラビアが掲載されれば、たちまちSNSで拡散され、ファンからの絶賛コメントが相次ぐなど、写真集の発売はかねてより期待されてきた。

 今回、沖縄本島と久米島で敢行されたという撮影に際し、鷲見は「パーソナルトレーナーをつけて、トレーニングをしつつも、体重を少し『増やす』よう心がけました。自分の好きな写真集、グラビアを見ても、あまり痩せすぎていても魅力がないのかなと思い、お腹周りはへこませつつ、腕や脚などは程よく肉付きがよくなるようにして、自分の身体に合ったベストな体型に持っていけたかなと思います」とコメントし、自信満々な様子。自身のインスタグラムでもストイックな筋トレに励む姿をたびたび公開してきたことから、「ボディメイクについても注目していただければ嬉しいです!」とアピールした。

「写真集の発売発表とともに公開された先行カットには、オレンジのワンピースに身を包んで乗馬を楽しむ姿や、パジャマ姿での眠そうな鷲見の表情などが確認でき、8月の発売が待ち切れないとする声も聞こえています。一方、鷲見と比較されることの多いフリーアナ・田中みな実が1st写真集『Sincerely yours…』でかなり際どいギリギリの肌見せを披露したのに対し、今回の鷲見の写真集は先行カットを確認する限りは、やや控えめで清楚な印象。とりわけ男性ファンからは、鷲見の“最大の武器“である胸部のシルエットが生かされるには水着姿の公開が必須だとして、『水着や肌着姿がないなら絶対に売れない。少しは田中みな実を見習え』『みな実があそこまでやってるのにこれじゃ』『水着ないの!?』『水着があるのかないのか。あれば売れる。なければ無理』『全然特徴を生かしてないから売れない』『肌見せが少ないからよほどのファンじゃないと買わないでしょ』などといった意味の期待薄なコメントが続出。先行カットの“肌見せ具合“から、水着ショットは含まれていないと判断する声が大半を占めており、落胆したような、モヤモヤしたムードが漂っています」(テレビ誌ライター)

 鷲見本人は「ボディメイクに注目してほしい」とノリノリのようだが、田中みな実級の特大ヒットを狙うには、水着姿の公開は必須に思える。発売近くになってからの“サプライズ水着写真の解禁”があることを期待したい。

(木村慎吾)

関連リンク

  • 6/3 17:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます