アグエロ バルサ加入直後にコロナ陽性反応!?再検査では陰性に...

拡大画像を見る

FCバルセロナの2021-22シーズンに向けた最初の補強選手であるセルヒオ・アグエロだったが、加入直後にある問題に引っかかったという。

現地の情報によると、31日(月)に加入が発表されたアグエロだったが、1日(火)には短時間ではあるものの、新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出ていたようだ。

同選手は、4つの検査に合格する必要があったが、最後の検査で陽性反応が出てしまった模様。しかし、アルゼンチンサッカー協会(AFA)はより複雑なテストを再度行い、陰性反応が出たため、陽性反応が出たのは“偽陽性”に過ぎなかったという。

アグエロは、マンチェスター・シティ所属時の1月に既に新型コロナに感染しており、自身のSNS上でこのニュースを発表し、その10日後にはウイルスを克服していた。

いずれにしても、アグエロはカタール・ワールドカップ南米予選のチリ代表戦(2日)を欠場することになるが、これは偽陽性のせいではなく、1日(火)にチームへ合流したばかりであり、プレーリズムをつかめなかったためである。

よって、同FWは8日に行われるコロンビア戦からとプレーする可能性があるようだ。

関連リンク

  • 6/3 7:50
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます