映画完成イベントで”らしさ全開” 日向坂46影山優佳さん「ユヴェントスは苦しい1年だったと…」

拡大画像を見る

 映画『さよなら私のクラマー ファーストタッチ』の完成記念イベントが2日に行われ、主人公・恩田希のキャスト(CV)である島袋美由利さん、主題歌を担当する小林愛香さん、『さよなら私のクラマー』アニメプロジェクトの応援マネージャーを務める影山優佳さん(日向坂46)、本作の応援隊長で出演も果たしている矢部浩之さん(ナインティナイン)が登場した。

 同作品は人気サッカー漫画『さよならフットボール』/『さよなら私のクラマー』が原作。TOKYO MXにて女子高生・恩田希が女子サッカー部で奮闘する様子がアニメ版で放映されているが、男子と一緒にサッカーと向き合う中学時代を取り上げているのが映画版となる。

 圧倒的な知識量で、すでにサッカー界を席巻している影山さんは、自身も小学校時代に男子とともにサッカーをしていた経験者。「私も地元のチームでは女の子が私一人で、男子20人近くの中でやっていました。葛藤があったり、男の子たちの体格がよくなっていく中で当たり負けすることもあって、悔しい気持ちもありました。どうすることもできない問題だったので、すごく共感できました」と、恩田希と自身の姿を重ねた。



 矢部さんもすかさず「まさにノンちゃん(恩田)やね」と相槌。主人公同様、ポニーテールでプレーしていたと影山さんが話すと、「澤穂希さんもそうですね」と矢部さんがレジェンドの名前を挙げるが、「名前を並べられるのは、恐縮です」と謙遜した様子。

 矢部さんは本編で“矢部先生”としてほぼ本人役で登場する。「女子サッカーの物語ですけど、男子に置き換えても見られる物語です。うまいけどレベルが上がると通用しない、どうしたらいいんだろうというのは、サッカー選手へのメッセージになっていると思います」と、こちらも高校までサッカー部だった経験者ならではの感想を口にすると、「見に来られる方に言いたいのは、エンドロール終わるまで見てくれというのは伝えたいですね(笑)。」と、自身の出番まで、しっかり鑑賞してほしいと強く主張していた。



 同作品では、様々な視点での試合描写がされている。島袋さんは「試合のシーンが、実際にテレビで見ているような俯瞰した視点や、ボールの目線など、いろいろな視点からサッカーを見ることができるので、そこは注目してほしいですね」とポイントを挙げれば、小林さんも「一緒に走って、パスをつないでいるような感覚になりました」と、没入感を挙げている。」





 影山さんは自身のブログでJリーグ情報を発信するだけでなく、DAZNや『FOOT×BRAIN』など、多くのサッカー関連番組にも出演し、豊富な知識を披露している。『FOOT×BRAIN』でユヴェントス特集回に出演をしたことをピックアップされ、現状についてトークを振られるとスイッチオン。「新監督になって10連覇とか期待がかかる中で、私が監督の目線に立つと、苦しい1年だったと思います。でも、シーズンの最初から、いろいろなフォーメーションを試してみたり、攻撃時のポジションチェンジなど、いろいろなことを試されていて、チャレンジングな姿勢はすごく心惹かれました。選手ではモラタ選手が(公式戦)20ゴール12アシストで、今年のセリエAの状況の中で二桁、さらに20ゴールということで素晴らしいなと思いました。来シーズンも残ってくれるという報道が多くされていたので、ディバラ選手との2トップに期待したいです」と、滑らかに話すと、「あっ!しゃべり過ぎちゃいましたね!」と自らストップ。

 しかし、隣の矢部さんも「インテルが抜けていたと思います。ユヴェントスでは、僕はジダンが現役の時のユヴェントスが大好きで。あの時のジダンが最強やったと思います。ジダン監督の今後が気になりますね。ユヴェントスに思い入れはあるでしょうし、そういうところも気になってきますね。自分がプレーしていた時の選手が監督さんになっているので。興味あるものが幅広くなるというか、サッカーだけでなく、生き方とか人間性も気になるようになりましたね」と続き、映画完成イベントながら、さながらサッカー番組のような展開にもなった。



 映画『さよなら私のクラマー ファーストタッチ』は11日から全国で公開。影山さんは「今、サッカーを頑張っている少年少女たちや、昔サッカーをしていて、今は仕事を頑張っていらっしゃる方々、いろいろな方が共感できるところが多くあります。どんな方でも楽しめる作品だと思うので、ぜひいろいろな方がいろいろな方と一緒にこの作品を楽しんでいただきたいです。そして、サッカーがもっと身近なものになっていけるよう、私も一緒に頑張っていきたいと思います」と呼びかけている。

関連リンク

  • 6/3 13:38
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます