藤波辰爾 新日の立ち上げで「プロレスよりも組織や団体の作り方を先に覚えた気がします」

拡大画像を見る

テリー 日本プロレスに入門したのが16歳ですよね。これまで50年やってきて、いちばんのターニングポイントってどこですか。

藤波 それは3つぐらいありますね。最初は僕が入門した年の暮れに日本プロレスが馬場さんと猪木さんに分かれたこと。僕は、当時は猪木さんのカバン持ちをしてましたから、自動的に猪木さんについていくことになったんですけど。あのまま馬場さんのところに残っていたら、どうだったかなっていう。

テリー 今とはまた全然違うスタイルのプロレスをやってますよね。

藤波 でしょうね。名前は全日本プロレスに変わりましたけど、残っていれば日本プロレスの体制をそのまま引き継いで、試合はすぐできましたから。片や猪木さんのほうは、まず道場を作って、興行ができる体制を一から作らなきゃいけなかったので。

テリー そうか!

藤波 当時、猪木さんの自宅が(世田谷区の)等々力のほうにあったんですけど、そこを我々の寮に開放してくれて。日本プロレスを離れて、猪木さんが団体を興したその夜に、すごく広い庭をブルドーザーで更地にして、次の日から突貫工事で道場作りでした。だから、僕は最初の練習が道場作りなんですよ。石を拾って、基礎工事して、そこからのスタートですね。

テリー すごい時代ですね。

藤波 プロレスよりも組織や団体の作り方を先に覚えた気がしますよね。チケットを売ったりとか。

テリー テレビ朝日と契約するとか。

藤波 当時のNETですね。それから1、2年後に坂口征二さんと猪木さんが合流するんですけど、それが、テレビ朝日と契約するひとつのきっかけだったですね。

テリー 2つ目のターニングポイントは?

藤波 20歳ぐらいの時に海外に出された時です。当時はまだ新日本プロレスには若手が海外に武者修行に行く慣習はなかったんですけど、坂口さんと合流して、若手が一気に増えちゃったんですね。その時に営業部長に新間寿(しんまひさし)という名プロデューサーがいたんですけど、その方から「若手でトーナメントして、勝ち抜いた選手を海外に行かせる」という案が出たんですよ。そのトーナメントで勝ちまして、海外修行に行きました。

テリー 海外修行に出るってスター選手への登竜門ですよね

藤波 でも、当時の新日本プロレスは選手を海外遠征に出せるほど裕福ではなかったので、とりあえず片道切符だと。連絡するまで海外で修行を積んできなさいという感じでヨーロッパに出されたんですね。それで3年8カ月、1人でずっと世界を回ってました。

テリー すごい経験ですね。向こうと日本ではプロレスのスタイルが全然違うと思うんですが、当時、日本人レスラーはどんなふうに見られてたんですか。

藤波 だいたい1つのキャラクターを付けられちゃうんですね。馬場さんも猪木さんも吉村(道明)さんも下駄を履いたりとか。

テリー グレート東郷さんみたいな感じだ。

藤波 そうそう。東洋人の売り方のひとつにそういう形があったんですよね。ただ僕は海外遠征の間、カール・ゴッチというプロレスの神様の家に居候させてもらってたんですよ。その方に「アメリカで試合をするには変なパフォーマンスはするな」「とにかく俺が教えたレスリングをやればいい」と四六時中言われたので、そういうことはほとんどなくて。だから僕が普通のトランクスとシューズで出場した、最初の日本人だったと思いますね。

関連リンク

  • 6/3 9:56
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます