「仲間が恋しいソロキャンプ型」新入社員の増加が組織にもたらすもの

拡大画像を見る

◆今年の新人は「仲間が恋しいソロキャンパー」!?

 2021年の新入社員は、「仲間が恋しいソロキャンプタイプ」であると、産労総合研究所が発表した。就職活動の真っただ中で、就職イベントや選考が延期になったり、リモートでの選考に切り替わるなど、周囲とのコミュニケーション機会が限られる中、孤軍奮闘してきた。

 人生の岐路に大きな環境変化に直面する中、新入社員に限らず20歳代の世代は、年々モチベーションファクターが変わってきているように思えてならない。

 モチベーションファクターとは、意欲を高める要素で、チャレンジすることで意欲が上がる目標達成型、任されることで意欲が上がる自律裁量型、責任を果たすことで意欲が上がる地位権限型、協力することで意欲が上がる他者協調型、リスクを回避することで意欲が上がる安定保障型、バランスをとることで意欲が上がる公私調和型の6つに分けている。

 私が実施しているビジネススキルを向上させるプログラムの参加者のデータをふまえると、日本のビジネスパーソンのモチベーションファクターは、この6つにだいたい均等に分布される。

 目標達成、自律裁量、地位権限の強い人を牽引志向、他者協調、安定保障、公私調和の強い人を調和志向と呼んでいる。肉食系と草食系、狩猟型と農耕型というイメージだ。牽引志向と調和志向も、51.4%対48.6%というように、半々だ。

 しかし、20代のビジネスパーソンや学生の人たちと演習する中で、年々、安定保障や公私調和が高まっているという肌感覚を覚えることが多い。これは、限られた標本数に基づくデータではあるが、数値でも明らかだ。

◆安定保障と公私調和の増加、地位権限と他者協調の減少

 ある企業の各層で演習プログラムを実施している。その中で、入社3年目のプログラム参加者のモチベーションファクターが、特徴的だ。安定保障と、公私調和が増加傾向になることがわかる。一方、地位権限と、他者協調は減少傾向だ。

 一方、ある大学院の修士1年目、2年目を対象とした結果でも、安定保障と公私調和は増加傾向で、地位権限と他者協調は減少傾向にあり、企業の入社3年目社員と同一の傾向を示しているのだ。

◆組織や顧客とのモチベーションファクターのギャップ

 未曽有の環境変化に直面する中、リスク回避の安定保障のモチベーションファクターが高まっている。テレワークが常態化する中、いやがおうでも公私調和のモチベーションファクターが高まるという状況だ。

 一方、他者とのコミュニケーション機会が限られる環境の中で、他者協調のモチベーションファクターが低下し、他者協調の意欲が高まらない状況を示している。

 一般に、例えば、連携がままならないと他者協調の意欲が高まるというように、枯渇しているモチベーションファクターが高まる傾向にあるが、それが生じていないということは、他社との連携や協働についてもはや諦観をもっている状態と言えるのではないか。

 地位権限が低下しているのは、公私調和の増大と対をなし、社会的な責任や役割を果たす意識の低下の兆しであると捉えられないか。これらのことに危惧を覚えてならない。

◆組織や顧客とのギャップが増大する危険性

 モチベーションファクターは良し悪しを示すものではない。成果を上げるためには、目標達成や地位権限の人のみならず、独自の方法で成果を上げる自律裁量の人も、協力し合いながら成果を上げる人も役割を果たす。

 リスク回避の観点から成果を上げる安定保障の人も、さまざまな施策のバランスをとりながら成果を上げる公私調和の人も貢献するので、良し悪しではないという考えだ。

 しかし、このまま放置しておくと、地滑り的に安定保障と公私調和が増大し、地位権限と他者協調の減少に歯止めが効かない事態を招きかねない。この状況は、安定保障や公私調和のタスクのみにフォーカスしている企業であれば問題は小さいと思えるかもしれないが、責任を果たす地位権限と連携する他者協調はほとんどのビジネスで必要不可欠の要素だ。

 そして、日本のビジネスパーソン、ひいては顧客は、6つのモチベーションファクターに均等に分布しているという状況の中、未来の組織を担う3年目社員や、これから社会人になる学生のモチベーションファクターが大きく異なっていることが問題なのだ。この問題を解決する簡単で有効な方法を、次週、紹介したい。

<文/山口博>

―[分解スキル・反復演習が人生を変える]―

【山口博】
(やまぐち・ひろし) モチベーションファクター株式会社代表取締役。国内外企業の人材開発・人事部長歴任後、PwC/KPMGコンサルティング各ディレクターを経て、現職。近著に『チームを動かすファシリテーションのドリル』(扶桑社新書)、『クライアントを惹き付けるモチベーションファクター・トレーニング』(きんざい)、『99%の人が気づいていないビジネス力アップの基本100』(講談社+α新書)、『ビジネススキル急上昇日めくりドリル』(扶桑社)がある

関連リンク

  • 6/3 8:50
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます