深田恭子「適応障害」で活動休止も恋愛は密かに進行中?

拡大画像を見る

 適応障害により、芸能活動を休止すると発表した深田恭子の近況を、6月1日発売の「女性自身」が報じた。

 それによると深田は、2年半前から交際中と報じられている不動産会社シーラホールディングスの会長の杉本宏之氏との交際は、順調のようだ。

 同誌によると、杉本氏は昨年12月に「K&H」という会員制ワインバーをオープン。周囲からは2人の“恭子&宏之”ではないかとも言われているそうだ。深田の向かいのマンションに住む杉本氏は、多くの時間を深田の部屋で過ごしているという。

 さらに同誌は、緊急事態宣言で閉店が要請されている夜8時前、東京都港区内にある1日1組限定の高級会員制すし店から出てきた2人の姿を捉えている。

「深田が2年以上も交際した男性は、杉本氏が初めてではないでしょうか。一般的に適応障害は、責任感が強く頑張り屋で、周囲に気を使いすぎて本音が言えないような人がかかることがあると言われています。深田には甘えられる相手がいるということに、休業したとはいえ、ホッとしたファンも多いのではないでしょうか」(週刊誌記者)

 深田が心から笑ってファンの前に現れることを、今はただ静かに待ちたい。

関連リンク

  • 6/3 7:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます