櫻井翔、多忙のワケは「効率化を図りたい」特殊すぎる人生観に出川哲朗「生き急ぎ」

拡大画像を見る

 嵐の櫻井翔(39)が5月29日放送の『1億3000万人のSHOWチャンネル』(日本テレビ系)で、せっかちなエピソードを明かす場面があった。

 この日は、周囲からせっかちだといわれている俳優の別所哲也(55)がゲストとして登場。櫻井が芸能人はせっかちが多いと思うと言うと、別所は「ホントそうだと思いますよ。せっかちっていうけど、時間を有効に使おうとしてるだけでしょ」と応じ、櫻井は激しく同意した。そして櫻井は「時間もったいないから、その隙間を埋めたりとか、なるべく早め早めに(行動する)」と、別所と同じタイプであることを明かした。

 そんな2人に、お笑いタレントの出川哲朗(57)は「いや、なにもしない時間が大切だから。たとえば、旅行とかも逆になんにも計画も立てないで」と時間をムダに使うことも大事だと主張したところ、別所は「無理、無理、無理」とすぐさま否定。一方の櫻井も「計画立てて、1秒たりとも無駄にしたくない。だって旅行に行ってるんですから。旅行っていうイベント行ってるんですから」と無計画な旅行などあり得ないことを強調した。

 その後、スタジオでは別所や青山テルマ(33)、品川庄司の品川祐(49)などせっかちな性格の芸能人が集まり、“そんなに待てない現代のあれこれ”というテーマでトークした際のVTRを紹介。終了後に、せっかちな人ならではのエピソードを聞いた櫻井は「やっぱり効率化を図りたいんですよ、結局のところ」と彼らに共感。

 そのVTRでの、店員が商品を包装する時間が待てないというエピソードについて、「僕はその間に別のところに行く用事を作っておきます」と語った。櫻井によると、15分後に戻ってくることを店員に伝え、店員が包装をしている間に別の用事をすませてしまうという。

■亀梨和也も効率の良さにびっくり

 続いて、櫻井がスーパーへ行く前に商品棚を回る順番をシミュレーションするか共演者に質問したところ、別所が「もちろんしますよ」と答える一方で、ほかの共演者からは否定的な声が続出。それに、櫻井が「しないの!? それにビックリしてるんだけど」と驚きの声を上げると、出川は「そんなに生き急いでどうするの?」と櫻井にツッコみ、スタジオの笑いを誘っていた。

 実際に櫻井はかなりせっかちらしく、KAT-TUNの亀梨和也(35)は2019年5月2日放送の『VS嵐』にゲスト出演した際、櫻井のせっかちエピソードを披露している。なんでも一緒に飲みに行き、「もう1軒行こうか?」となったとき、櫻井はリサーチ済みのようで、悩むことなく次の店をスムーズに決めたという。その理由について、櫻井が「ダラダラなにかが決まんない時間が嫌いなんですよ」と説明すると、身近な人間にはおなじみの話なのか、嵐メンバーは納得の表情を浮かべていた。

 櫻井は嵐の活動休止以降も『SHOWチャンネル』のほか、ドラマ『ネメシス』『news zero』(同局系)『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)など、4つのレギュラーのほか、特別番組のゲストなどにも引っ張りだこ。嵐メンバーでは相葉雅紀(38)が3本だが、櫻井は特別番組の出演やゲストも多く、メンバーの中では断トツの仕事量となっている。

 かなりの働きぶりだが、今回の話を聞く限りは、仕事熱心というよりも時間を無駄にしたくないという気持ちがハードスケジュールを可能にさせているのかもしれない。

関連リンク

  • 6/3 7:05
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます