ナイナイ&千鳥どころじゃない!「明石家さんま共演完全NG」の「2人の芸人」

拡大画像を見る

 5月25日の『人志松本の酒のツマミ』(フジテレビ系)は「延長営業! こぼれちゃったSP」と題し、これまでの未公開トークを集めた放送となった。この中で、ナインティナインの矢部浩之(49)と千鳥のノブ(41)が、明石家さんま(65)への“苦手意識”を露わにする場面があった。

「矢部さんとノブさんが“さんまさんが苦手”だという意見で一致したんです。矢部さんが“ダウンタウンは浜田雅功さん(58)のほうが怖い”というトークを展開。さらに“トークだと我々の世代はさんまさん(が苦手)”と切り出したんです」(制作会社関係者)

 矢部は、司会のさんまから「たとえば?」や「ほいで?」と繰り出されると、「ピシッとなると」明かし、スタジオは爆笑に包まれた。

「こういった問いかけをされるということは、要するにさんまさんが、自分のトークに満足してくれていないということ。芸人だけじゃなく、タレントも、さんまさんの番組に出る人は冷や汗ものでしょうね」(前同)

 さらにダウンタウンの松本人志(57)があらためて、「さんまさんは怖ないんか?」と他の出演者に問いかけると、ノブが「一番怖いのがさんまさんです」と即答。

 ノブは矢部とは違い、「ほんで?」と言われたことがないから怖いといい、「テンポでやられるじゃないですか。さんまさんのテンポに僕は邪魔になる」「カチーンとなっちゃうんです」「『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)の控え室に置いてあるピザあるやん、何の味もせん」と、相当な苦手意識を持っていることを明かしたのだ。

■大悟も岡村も「さんまが苦手」

 ノブの相方の大悟(41)も、2017年の『さんま御殿』で、さんまとの飲み会を「ずっと竜巻の中おる」「気を抜いたら死ぬ。一発でも気を抜いたら終わるぞっていう緊張感」と、珍しく弱気な発言をしていた。

 さらに、矢部の相方の岡村隆史(50)も2014年の『ナインティナインのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)では、ウーマンラッシュアワーの村本大輔(40)とともに、「さんまさんが怖かったとき」というテーマでトークを繰り広げ、さんまとのエピソードを披露していた。

 村本は『さんま御殿』収録中に隣の共演者としゃべっていたところ、「俺が回してるときに、何しゃべってんねん」と怒られたこと、「初絡みで、しかもビビって“厳しい! 厳しい!”て言ったら、(スタジオが)シーンてして、やってもうたと思って……」と明かしている。

 岡村も「一時、(さんまと)目が合ったらアカン、っていう時期があった」「(話す内容を)忘れたときは、“なんやそれ? 俺の番組、潰す気か?”って言われる」と、さんまに苦手意識があったと語っている。

■さんまとの共演を“本気でNG”にしている芸人が2人

 お笑いプロ関係者は話す。

「ナイナイも千鳥も、コンビそろってさんまさんが苦手ということですね。しかし、彼らと同様に、多くの芸人が、“お笑い怪獣”と呼ばれるさんまさんと番組で絡むことをプレッシャーに感じています。

 ただ、ナイナイや千鳥の場合、もちろん本音でしょうが、テレビやラジオで“さんまさんが苦手”と言っている。全国ネットの番組で、ダウンタウンの松本さんに向かって“さんまさんが苦手”だというエピソードを披露しているわけですから、苦手ではあっても、共演したくないわけではない。

 ですが実は、そんな彼らとは比較にならない、ガチの“さんまさん共演NG”芸人が2人いるといいます。本当に“さんまさんとの仕事だけは入れないでほしい”と言っているそうなんですよね……」

 1人はバラエティ番組以外の番組でも活躍するA、もう1人はMCなども任されるB。どちらも売れっ子中堅芸人として、テレビを中心に大活躍している。

「2人とも、“さんまさんの番組オファーは断ってください”と言っているそうです。AさんとBさんはタイプは違いますが、共通しているのは2人とも抜群に話術に長けている点。そして、自分のペースでトークを展開することで笑いを取る、というところも同じですよね」(前同)

■さんまと共演すると「持ち味が殺されてしまう」……

 さんまはこれまで、今田耕司(55)や東野幸治(53)、さらに間寛平(71)、村上ショージ(66)、ジミー大西(57)、出川哲朗(57)、ネプチューンの堀内健(51)など、さまざまなタイプの芸人と共演してきている。

「今田さんや東野さんは何にでも対応できる“万能タイプ”なので、さんまさんと共演しても、さんまさんのペースに合わせつつ自分の持ち味も出すことができますよね。また、寛平さんや出川さん、ホリケンさんなどは“大ボケタイプ”で、さんまさんがツッコんだり、イジって面白くすることで番組が盛り上がります。

 それに対して、AさんとBさんはトークは超一流なんですが、自分のペースで笑いを作り上げていくタイプなので、さんまさんと共演すると、自分の持ち味が殺されてしまうと。ただ言っておきたいのは、AさんもBさんもさんまさんをめちゃくちゃ尊敬していて、嫌いなわけではまったくない。

 ただ、一緒に出ると、どうしても自分の特長が死んでしまう。そのため、“本当に恐縮だけど、さんまさんの番組には……”と、さんまさんとは共演しないようにしているといいます」(前出のお笑いプロ関係者)

 すべてを飲み込むお笑い怪獣だけに、本当は多くの芸人がさんまとの共演に戦々恐々としているのかも!?

関連リンク

  • 6/3 7:05
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます