保冷剤を搭載できる夏用マスク登場! ファッション性の高い立体構造

拡大画像を見る

 Bfullは6月2日に、大空間不織布マスク2枚と保冷剤ホルダー1個、保冷剤2個をセットにした「大空間不織布マスク アイスパックで冷空間フレーム」をBfullストアで販売開始した。価格は990円。

 大空間不織布マスクは、アジアで流行し、モデルや著名人などが着用していることで話題になったマスクと同系統のサージカルマスクで、不織布を4層に重ねて、立体的に設計することで、口元に大きな空間ができるのが特徴。飛沫、花粉、PM2.5をしっかりカットしたうえで、マスク内の空間が息のしにくさ、蒸れ、メイク移りなどマスク着用の不快感を解消する。
 ファッション性が高い立体構造になっており、やわらかノーズフィッターで隙間なくフィットして鼻を高く見せる。また、口元に空間を作る新形状で、息や会話がしやすい形状となっているほか、下部のマチによってスッキリとしたフェイスラインに整える。
 今回、マスク熱中症対策として、保冷剤をマスクの内側に挟み込むことができる保冷剤用ホルダーと保冷剤(2個)をセットにして販売する。保冷剤ホルダーは、大空間不織布マスクと同系統のサージカルマスク用のフレーム。フレームは何度でも洗って利用できる。保冷材は、外気温や冷凍時間により左右されるが10分~15分程度は冷たさを保持する。わずかな時間だが、外の温度に体が慣れるまでの間の対策として使うことができる。

関連リンク

  • 6/3 6:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます