「アカオハーブ&ローズガーデン」園内の花々から採れたオリジナルはちみつを発売


観光庭園「アカオハーブ&ローズガーデン」では、ガーデンの自然資源を活かした取り組みのひとつとして、6月1日(火)より、オリジナルはちみつ「アカオの花みつ~庭園からの花便り~」を発売中だ。

季節の花々やハーブが咲き誇る観光庭園


相模灘を見下ろす20万坪の広大な丘陵地に、個性豊かな12のテーマガーデンが点在する「アカオハーブ&ローズガーデン」。熱海ブルーに輝く海と空を借景に、季節の花々やハーブが咲き誇り、五感で楽しめるガーデンだ。


園内には、隈研吾氏設計の絶景カフェ「COEDA HOUSE」をはじめ、曽我浅間神社、ハーブや精油を使った手作り体験施設、暮らしを彩るハーブのグッズや熱海のお土産を揃えるショップ、レストランなどの施設がある。

春の花々から採れたはちみつが登場


そんな「アカオハーブ&ローズガーデン」では、約20万坪の広大な敷地を活用し、ガーデンに咲く春の花々からはちみつを採取しており、今年で2年目。


今回も伊豆山みつばち農園に協力してもらい、3~4月の2カ月間、みつばちの巣箱を園内のヤマザクラが多く咲く場所に設置した。


この時期に咲くオオシマザクラやカンヒザクラなど200本以上のヤマザクラをはじめ、


海を見渡す斜面一面に咲く菜の花、


ラベンダーやローズマリーなどハーブの花から採れたはちみつは、まさに“百花蜜”!


ふわっと香るやさしい花の香りと、爽やかな味わいを楽しむことができる。

商品の詳細


オリジナルはちみつ「アカオの花みつ~庭園からの花便り~」は、<50g>756円(税込)と<135g>1,512円(税込)を用意。

園内のショップ「ハーブハウス」や、カフェ「COEDA HOUSE」にて数量限定で販売される。

カフェや系列レストランでも活用予定

さらに、カフェ「COEDA HOUSE」のドリンクや、系列のレストラン「花の妖精」のスイーツにも活用予定。


昨年は、「COEDA HOUSE」にはちみつを使った自家製レモネードが、


また「花の妖精」には、はちみつが主役のフレンチトーストが登場した。

ここでしか味わえない、花の恵みたっぷりのはちみつを使ったオリジナルメニューを楽しんで!

「アカオハーブ&ローズガーデン」や「花の妖精」の最新情報は、公式Instagramにて確認を。

■アカオハーブ&ローズガーデン
住所:静岡県熱海市上多賀1027-8

■Restaurant & Sweets 「花の妖精」
住所:静岡県熱海市熱海1993-65

画像をもっと見る

  • 6/2 18:01
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます