浅野拓磨が明かすU-24日本代表戦の狙い目「相手の背後は弱点」

拡大画像を見る

 日本代表の浅野拓磨が2日、オンライン上で取材に対応した。

 日本代表は3日に予定されていたジャマイカ代表戦が開催不可能となったことで、同日にU-24日本代表と対戦することが決定した。浅野は「僕自身はU-24と試合をする楽しみの部分が大きい。日本の皆さんも楽しみにされていると感じる。僕らとしては絶対に負けられない。一つの試合としてどの試合も勝ちに行くのは変わらないので、楽しみな部分が大きい」と急遽開催されることになったU-24日本代表戦について言及した。

 日本代表としては負けられない一戦となることに浅野は「僕らとしては絶対に負けなくないし、考えてもいないが、負けたらいろいろ言われることも考えられるのでそのプレッシャーは感じている。ただ、プレー中は全員が目の前の相手に対して勝ちに行くだけだと思う。あとは日本代表として、お互いにケガなく終えることが大事。ケガなく全員が100パーセントでプレーすることが大事だと思うけど、プレッシャーはある程度感じるとは思う」と心境を明かした。

 U-24日本代表メンバーには東京オリンピックに向けて今回の活動からオーバーエイジ(OA)枠として吉田麻也と酒井宏樹、遠藤航の3名が合流している。U-24日本代表の印象については「U-24でも海外でプレーしている選手もたくさんいて、レベルが高いチームだと思う」と言及した浅野は、同試合の狙い目について次のように明かした。

「僕がどの位置で試合に出られるのかわからないし、どういう戦いになるかはわからないが、僕がピッチに立てば、相手の背後っていうのは僕の特長だし、相手の弱点でもあると思っている。そういうスペースを僕が使えば、周りの選手が空いてくる。理想はそのスペースを使って自分がゴールを取ることだが、それだけではなく僕を活かして周りの選手が点を取って試合に勝つことも自分ができることだと思っている。そこは僕がやるべきことだとも思っている」

 また、U-24日本代表には古巣サンフレッチェ広島に所属するGK大迫敬介も選出されていることから対決にも注目が集まっている。このことに浅野は「僕自身広島で一緒にやっていた中ではないですけど、対決を楽しみにしてくれている方がいるならば、その勝負に負けないように頑張るだけだと思う。ゴールネットを揺らさないと勝つことはできないので、そのネットを揺らすのが僕であれば一番いいと思う。それができるように全力で試合に臨むだけ」と意気込みを語った。

関連リンク

  • 6/2 16:07
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます