大迫勇也、U-24代表との対戦を心待ちに「不思議な感覚はあるけど、楽しみ」

拡大画像を見る

 日本代表のFW大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)が2日、オンライン上で取材に対応した。

 日本代表は3日にジャマイカ代表と対戦する予定だったが、ジャマイカ代表20選手のうち、10選手が義務付けられた5月31日までの来日が出発前検査の方法等を理由にフライトに間に合わず、開催不可能に。これを受け、同日に日本代表vsU-24日本代表の試合が開催されることが決定した。

 急遽U-24日本代表との対戦が決定したことに大迫は「急遽決まったので、不思議な感覚はありますけど、個人としても楽しみかなと。普段のチームメイトと対戦するので、紅白戦とも違いますし、なんか面白そうだなという感じですね」と感想を口にした。

 U-24日本代表には東京オリンピックに向けて今回の活動からオーバーエイジ(OA)枠として吉田麻也と酒井宏樹、遠藤航の3名が合流している。日本代表の主力CBである吉田や冨安健洋とのマッチアップになる可能性もあることに大迫は「正直、練習の時もあまり対峙することがない。スタメン組とサブ組に分かれて紅白戦をするので。あまりイメージがわかないというか、どうなるかなと。個人的にもどうなるんだろうというところが楽しみですね」と対戦を楽しみにしていることを明かしつつ、「もちろん、A代表が勝たなくてはいけないと思います」と勝利にこだわる姿勢を見せた。

 主将の吉田がU-24日本代表に合流したことで、代わって日本代表の主将を担うこととなった大迫だが、「特に僕が何かする、しないといけないわけではないと思う。海外でやっている選手も多く、国内組も経験がある選手が多い。それぞれやるべきことを整理できている選手が多いと思う。僕も試合に集中して、ピッチの上で違いを作れるように考えている。それで引っ張っていけたらいいなと思っている」と語った。

 日本代表は5月28日に行われたFIFAワールドカップカタール2022アジア2次予選のミャンマー代表戦に勝利したことで、2試合を残して最終予選への進出を決めた。最終予選に向けては「最終予選も相手が強くなると思うが、自分たちがしっかりとやるべきことをやれば、勝てる相手でもあると思う」と言及した大迫は、世界トップとの差はまだあることを強調しつつ、さらなる成長を誓った。

「もちろん、トップトップとの差はまだすごくあるとも思う。僕個人としてはゴール前で点を取りきることを考えないといけない。各ポジションの選手たちがそういった意識を持って試合に取り組むことが大事だと思うし、ちょっとした差で得点が生まれると思うので、そのちょっとした差を作れるようにしていきたい」

関連リンク

  • 6/2 14:04
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます